本文の先頭へ
LNJ Logo 安倍政権の暴走許さない!〜3.19総がかり日比谷大集会に5600人
Home 検索
 


安倍政権の暴走許さない!〜3.19総がかり日比谷大集会に5600人

   湯本雅典

動画(4分)

 3月19日、「戦争法廃止!安倍政権の暴走許さない 総がかり日比谷大集会」が東京・日比谷野音で開かれ、大雨の中にもかかわらず5600人が集まった(主催:「戦争させない・9条を壊すな!総がかり行動実行委員会」)。3月19日は、安保関連法が強行採決されてちょうど半年にあたる。7月の参院選に向けた闘いは非常に重要な局面に入ったと言える。

 会場となった東京・日比谷野音には大雨の中、開会前から続々と人が集まり始めた。神奈川から来た参加者は、「平日はなかなか参加できないので、今日は何としても来たかった」と話した。

 集会冒頭、主催者から「2000万署名が東京集約だけで500万を記録しました」という報告があった。集会には民主党幹事長・枝野幸男衆議院議員、日本共産党副委員長・小池晃参議院議員が参加した。(社民党、生活の党はメッセージ)

 この間、全国各地で続々と地方版の「市民連合」が結成され、参院選野党候補一本化はこの数日だけでも宮崎県、新潟県、長崎県で実現した。しかし「まだまだである」(憲法を守り・いかす共同センター 小田川義和さん)。自民党は、消費税増税先延ばし、衆参同時選挙をちらつかせ、なりふり構わずの反撃を開始した。

 この日提起された今後の行動提起は、勝利を勝ち取るための提案であった。
・引き続く毎月19日の国会前集会。
・3月28~29日 「戦争法施行」日に合わせた国会前スタンディング、集会
・5月3日 憲法集会 有明防災公園 13:00
・6月5日 国会会末にあわせた大集会(衆参同日選挙も考え合わせ、予定を繰り上げ実施)

 これらのとりくみが全国統一行動として提案された。勝たなければならない闘いが、いよいよ重要な局面を迎えている。


Created by staff01. Last modified on 2016-03-19 23:56:04 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について