本文の先頭へ
LNJ Logo 辺野古で不当逮捕された韓国人Kさんへの弾圧救援カンパのお願い
Home 検索
 


尾澤邦子です。日韓ネットからの要請です。

 9月22日、「平和の海 国際交流キャンプin沖縄」に参加していた韓国のKさんが、辺野 古のキャンプシュワブゲート前で不当逮捕されました。許せません! 沖縄の友人からの要請を転送します。救援カンパにご協力をお願いします。 ・・・・・・・・・・・・・・ 辺野古でのKさん弾圧救援カンパのお願い  2015/9/27 平和の海国際交流キャンプin沖縄準備チーム   【逮捕の経過】 9月22日(火曜日・休日)早朝のシュワーブ作業車専用ゲート前の座込 を、Kさんと身重の連れ合いが横に立って見ていたところ、7時過ぎに警察官による座込 排除の混乱に巻き込まれ、彼女が肩のカバンを落とした。それを拾おうとしたら彼女が警 察官によって押さえつけられる事態になり、とっさに救い出そうと反応した。その時、K さんは首を後ろから1人の警察官に羽交い絞めにされ3名の警察官によって身柄を拘束さ れて、手足をばたつかせた。そのはずみで警察官の太ももに足が当たったものが、「足で 蹴った」とされて、「公務執行妨害による逮捕」となった。 ※   韓国では女性への規制は女性警官が行うのが常で、男の警官が女性を掴んだりだ き抱えることはありえない。身重の連れ合いを守ろうとしたのは勿論、彼女が男の警官に 組み伏せられたことにとっさに反応したのは、そうした文化背景の感性感情がKさんを突 き動かした面が大きい。   【弾圧のエスカレート】 現場での抗議にもかかわらず警察は理由を示すことなく、また 本人に対しても言葉が通じないことから逮捕容疑も知らせることなく、名護警察署に連行 した。「you kick, you kick」と聞いたら本人がそれを認めたので逮捕したと言いはるが 、戦争法制を強行採決した安倍政権は、辺野古への弾圧を格段にエスカレートさせている ことは明らかだ。   【Kさんを取りもどそう】 エスカレートする弾圧をはね返そう!「平和の海国際交流キ ャンプin沖縄」の一員があまりにも理不尽に逮捕される現場の目撃者となった韓国・台湾 ・アメリカ・ハワイ・インドネシア・オーストラリア・ニュージーランド・ドイツ・アイ ルランドの50名を超える参加者は、キャンプの日程を変更し帰国を延期して名護警察署前 で激励・抗議行動に加わった。 現在、辺野古弁護団がKさんの救援に尽力している。Kさんを一日も早く取り戻すため、救 援カンパを呼びかけます。   【郵便振替口座】   口座 名称  平和の海キャンプ 口座記号番号  01710−7−166603    他銀行から振込みする場合は下記   ゆうちょ銀行 店名:179 当座預金 口座番号:0166603  平和の海キャンプ

Created by staff01. Last modified on 2015-09-28 11:29:22 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について