本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信〜8・30報告
Home 検索
 


・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」
・「ひのきみ全国ネット」の渡部です。
==================
【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
==================
東京五輪に
【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし)
===================
対米従属で「世界征服」を夢想する
    デマゴギー政治家安倍首相を倒そう!
===================

本日(8月30日)の
「戦争法案廃案!安部政権退陣!8・30国会10万人・全国100万人大行動」
(主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会)
は、大成功でした。

私が11時少し前に議員会館前に着くと、すでに相当数の人々が来ていました。
中でも目立ったのが、
日教組が「教え子を再び戦場に送るな」の多数の幟を立てて、
かなり大きな場所を陣取っていることでした。
(ただし、11時〜12時までは秋葉原での宣伝行動で、
そこにいたのは宮崎教組、沖縄教組などの方々だけでしたが)

その後、国会正面、憲政会館寄りの方に向かうと、
そこもかなりの人だかりになっていました。
そしてその一角で、4人の学生の<ハンスト>が行われていました。
主催は「学生ハンスト実行委員会」で、支援者たちが
マイクで話したり、チラシを配ったりしていました。

チラシに載っていた<声明文>には、次のようなことが書いてありました。
 「・・8月27日より無期限ハンガーストライキを開始することをここに宣言します。
 ・・・まさしく安保法案は世界の民衆を分断し戦争を準備する、
 本来的に民衆に敵対する法律です。
 ・・・私たちによるハンガーストライキは、戦争によって犠牲になりうる
 あらゆる人々と協力し、戦争への動員・協力を共に拒否するよう
 呼びかける直接行動の一過程です。そのめに私たちは
 生命をかける覚悟でたたかいます。・・」
彼らは本日の14時で72時間(まる三日間)を超えました。

12時頃からはどんどん人が増え始め、
集会開始前には、全体に聞こえるスピーカーで、
<アーティスト・クリエーター・デザイナーの会>の方が、
 「戦前芸術家たちは戦争に協力した。しかし私たちは
 そうした仕事がきてもそれを拒否する。」
と力強く訴えていました。

また、ラップ調で歯切れのよい歌が歌われました。
 「大好きで大嫌いなアメリカ」とか
 「ハナクソやろう安倍晋三、ボンボンオヤジ」など、
実に的確にその本質をついた歌でした。

トールズの仲間たちも「TOLDs」のパネルを持ってきました。
これには「新聞で見たよ」というような反応がありました。
 「トールズ」(Tokyo のLiberal でDemocratic なSenseiたち:
 現役の被処分者たちが立ち上げました。)
 詳細は下記URLに載っています。
 http://tolds20150815.blogspot.jp/
 教員じゃなくても一般人として賛同出来るようにもなっています。
 http://tolds20150815.blogspot.jp/2015/08/blog-post.html?m=1

現役の高校教員たちが立ち上がったことに対して、
関心が高かったようです。
次回は日教組、都高教組の脇で宣伝すれば
さらにいいかもしれません。

14時から始まった集会では
 <民主党・岡田克也代表>
 <共産党・志位和夫委員長>
 <社民党・吉田忠智党首>
 <生活の党・小沢一郎代表>
 <1000人委員会・鎌田慧さん>
 <法政大学教授・山口二郎さん>
 <講談師・神田香織さん>
 <映画監督・神山征二郎さん>
 <法政大学名誉教授・袖井林二郎さん>
 <過剰警備監視国会議員団・民主党の議員の方>
 <「学者の会」の名古屋大学名誉教授池内了さん>
 <シールズの方>
 <音楽家の坂本龍一さん>
 <関西からの方>
 <作家の森村誠一さん>
 <宗教者9条の会代表・宮城泰年(聖護院)さん>
 <憲法学者・明治大学教授の浦田一郎さん>
 <日弁連会長の山岸憲司さん>
 <ママの会の池田良子さん>
 <ヘリ基地反対協代表の安次富浩さん>
の方々が話し、行動提起は
 <実行委員会の高田健さん>
でした。

その中から五つほど紹介します。
<音楽家の坂本龍一さん>
 憲法が壊されようとしている。
 しかし、ここに来て、それを取り戻す、血肉化する大事な時期に
 なっている。私たちは命をかけてそれを闘い取ろうとしている。
 イギリスのマグナカルタ、フランス革命に近いことが起こっている。
 これを一過性のものにしないで、行動を続けて行って欲しい。
 自分も一緒に闘う。

<関西からの方>
 こみ上げてくる怒り、衝動。
 アベ、私たちの声が聞こえるか。
 人の命を奪うことを拒否する人間の声が聞こえているか。
 イラク戦争での出来事、米軍の仕業。
 ファルージャでは「息をしているものはみんな殺せ」と言い、
 皆殺しにした。これは戦争犯罪だ。
 このことを問われると、アベは答えられなかった。
 そんなことになるのかと思うといても立ってもいられない。
 すべての命は尊い。
 この法案を許すと、自分が責任を取れないことを許すことになる。
 なぜなら私は主権者であり、この国の進路に責任を持っているから。
 私は認めることによって失われる命に責任を取れない。
 絶対に止めたい。国家の名の下に命を奪うことになる。
 この国に生きる人々の力で絶対に止めることができる。
 絶望からの闘いが、世界の平和を守る闘いになる。

<ママの会の池田良子さん>
 7月4日に会を立ち上げ、8月17日までに19500人のママからの
 メッセージが届いた。それを「集」にして安倍首相に手渡したかった。
 しかし、たらい回しされた挙句断られた。
 「ママの会」はこれまで、40の都道府県で立ち上がっている。
 何としても廃案にしたい。
 私たちは黙っていない。民主主義はこれだと分かった。
 子どもはいとおしい存在だ。だから戦争に反対する。
 すべてのママと手を取り合う。ママは諦めない。
 戦争法案を止める。

<ヘリ基地反対協代表の安次富浩さん>
 本日沖縄でも那覇で17時から、3000人規模で集会を開く。
 辺野古に基地は作らせない。翁長知事も名護市長も反対になった。 
 諦めてはダメだ。闘い抜くことが現状を変える。
 これまで多くの県民が闘ってきた。
 安倍政権は「法治主義」というが、安保法制は憲法違反の法律だ。
 また、沖縄の民意を聞こうともしない。
 「辺野古」、「安保法制」、「原発」の闘いは三つのトライアングルの輪だ。
 これらに反対し、安倍内閣を打倒しよう。

行動提起で、<実行委員会の高田健さん>は、次のように述べました。
 8・30は大成功しつつある。この声は安倍政権に届くだろう。
 9月上旬の強行採決を絶対許さないエネルギーになる。
 本日は12万人が参加した。
 9月上旬は強行採決阻止の闘いが待っている。
 9月3日(木) 木曜日国会前行動
 9月8日(火) 火曜日行動・新宿西口 (それぞれの地域でも)
 9月9日(水) 日比谷野音での集会とデモ(銀座と国会の二方向へ)
 9月10日(木) 木曜日国会前行動
 9月11日(金) 国会前行動
 9月12日(土) 辺野古新基地建設反対の闘い 14:00 国会包囲行動
 9月14(月)、15日(火) 13:00〜17:00 国会前座り込み
                18:30〜    国会前大集会
 本日全国では1000箇所以上の取り組みがあった。
 50〜60万人は参加しているだろう。
 闘いはこれで終わりではない。安倍を打ち倒すことだ。
 次世代のための私たちの責任を果す。

集会後、帰路、「赤旗」の<特別号外>が配布されていました。
その一面に「怒りの渦 国会包囲」という見出しで、
国会正面に向かって車道を埋め尽くす、
数え切れないほどの群衆の写真が出ていました。
改めて、本日はこれほどの人々がいたんだと実感しました。

本日の「8・30」の成功によって
2015年「東京夏の陣」は安倍政権包囲の隊列が
確実にできたと思います。
そして、多くの人々が「安倍政権打倒!」という声を上げています。
したがって、今後この隊列はさらに強化され、
時が来れば安倍政権に対する総攻撃に移るでしょう。

***************************************************
「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
http://houinet.blogspot.jp/

「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
http://homepage3.nifty.com/hinokimi

Created by sasaki. Last modified on 2015-08-31 10:14:52 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について