本文の先頭へ
LNJ Logo 渡部通信〜木曜行動に2300人
Home 検索
 


・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」
・「ひのきみ全国ネット」の渡部です。
==================
【僕、国歌歌わないもん】(石原慎太郎)
==================
東京五輪に
【国旗も国歌も必要ない】(ビートたけし)
===================
対米従属で「世界征服」を夢想する
    デマゴギー政治家安倍首相を倒そう!
===================

「戦争法案」に反対する若者たちに対し、
「自分中心、極端な利己的考え」などと批判した、
自民党の武藤貴也議員に金銭疑惑が発覚した。
報道によると、
ソフトウエア会社の未公開株を国会議員枠で買えると持ちかけ、
資金を集めたが、結局購入できず、出資者にも返金できなかったという。
彼がすぐ自民党に離党届を出し、
自民党もすぐにそれを受理しているところを見ると、
やはり事実であったのだろう。

この未公開株については、
リクルート事件で、実質的な国会議員に対する賄賂として、
大きな問題になったものである。
武藤議員はそれを「国会議員枠」でやっていた。

要するに、国会議員の地位を利用し、
不労所得を得ようとしたのである。賄賂の可能性もある。
なんたる「自己中心、極端な利己的考え」か。

また、これはおそらく自民党も同じ穴のムジナではないだろうか。
そうしたことが暴露されることを恐れたからすぐに受理したのであろう。

彼らは口を開けば「道徳、々々」と言うが、
「道徳」を強調する人間に限って、
大抵は「道徳心」の欠片もないのである。
武藤議員のこの間の言動は全く許されるものではない。
自民党離党で済む問題ではない。
即刻、議員を辞職すべきである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日(8月20日)も、木曜日国会前行動(第14回)が行われた。
一時雨などもパラついたが、2300人が結集した。

集会では、
 <民主党の広田一(はじめ)参議院議員>
 <共産党の倉林明子参議院議員>
 <社民党の吉川元(はじめ)衆議院議員>
 <戦争をさせない1000人委員会事務局長の内田雅敏弁護士>
 <解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会の山口菊子さん>
 <憲法共同センターの金井弁護士>
 <辺辺野古への基地建設を許さない実行委員会の中村さん>
 <日弁連の山岸憲司会長>
 <日本体育大学の清水雅彦准教授(憲法学)>
などの発言があった。

以下、四つの発言を紹介する。

<共産党の倉林明子参議院議員>
 岩手県知事選、無投票で当選が決まった。
 自民党は戦う前から候補者を引き下げざるを得なかった。
 この声を全国に広げ、廃案に。
 自衛隊から内部文書が寄せられたのは、
 自衛隊の中から、「この法案を通してはいけない」との声だ。
 中谷防衛大臣は指示を出したことを認めた。
 5月26日に作戦文書を出すように指示しながら、
 この3ヶ月見ていなかったと言う。
 しかし、法案が成立すれば、直ちに自衛隊が動けるように
 なっていた。これはまさに戦前に戻すようなことだ。
 この国の未来を決めるのは国民だ、国民こそが主権者だ、
 このことを運動の中で明らかにしていこう。

<憲法共同センターの金井弁護士>
 安倍首相の暴走を止めるのは打倒するしかない。
 育鵬社版教科書の採択で、
 4年前採択した大田区は今回採択しなかった。
 安倍はこの教科書で洗脳しようとしている。
 日露戦争を美化する一方、侵略はないとしている。
 「70年談話」では「侵略」などは文言に入れさせることはできた。
 しかし、彼の本心ではそう思っていない。
 運動で安倍を退陣させるしかない。
 「8・30国会10万人・全国100万人大行動」を成功させよう。

<辺辺野古への基地建設を許さない実行委員会の中村さん>
 法案に最も危機感を抱いているのは沖縄である。
 なぜなら、真っ先に攻撃されるのは沖縄だから。
 (8月12日)米軍ヘリが墜落した。その中には自衛隊員も乗っていた。
 こうしてすでに先取り訓練が行われている。
 しかも18日には訓練を再開している。
 山火事も発生した。オスプレイの代わりにCH51ヘリが出動した。
 しかしまともに消火作業を行わなかった。
 日米両政府ともなんとも言わない。
 私たちは気を緩めていない。24時間体制で監視している。
 カヌーも沖に出ている。全国からの人々もいる。
 安倍政権は沖縄の声にまともに答えていない。
 沖縄はヤマトの問題だ。9月12日は3度目の国会包囲行動を行う。
 政府は9月10日に工事を再開しようとしている。
 
<日本体育大学の清水雅彦准教授(憲法学)>
 安倍首相は広島で「非核三原則」に触れなかった。
 「日本国際フォーラム」(安倍総理も参与・政策委員を務める)
 という民間のシンクタンクでは、
 2009年に、提言(「積極的平和主義と日米同盟のあり方」)を発表、
 その中では、
  ・「『非核三原則』などの『防衛政策の基本』を再検討せよ」、
  ・「東アジア地域における対話と協力の主導権を握れ」、
  ・「『国際平和協力一般法』を制定し、グローバルな『集団安全保障』に貢献せよ」
 などを盛り込んでいた。
 私たちは「積極的平和主義」を否定する。
 明日(8月21日)声明を出す。

行動提起では、菱山さんが次のようなことを述べました。
 運動は大きな広がりを見せている。
 東西の真宗本願寺が反対することになった。
 創価学会も反対の声を上げている。
 老いも若きも運動に参加しつつある。
 まちがいなく安倍政権は追い詰められている。
 ・毎週火曜日の各地での行動を続け、
 ・8月26日(水)日弁連の日比谷集会
   18時〜19時(開場:17時15分
【パレード】19時15分〜.
  場所. 日比谷野外音楽堂、参加費無料、どなたでも参加可
 ・8・30(日)国会10万人・全国100万人大行動
 などに結集しよう。政治を私たちに取り戻そう!

***************************************************
「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
http://houinet.blogspot.jp/

「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ
http://homepage3.nifty.com/hinokimi

「ひのきみ全国ネット」のウェブサイト
http://hinokimi.web.fc2.com/

Created by sasaki. Last modified on 2015-08-21 08:11:59 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について