本文の先頭へ
LNJ Logo 官邸前から生まれた「路上のサンバ」〜反原発を歌いあげる
Home 検索
 


官邸前から生まれた「路上のサンバ」〜反原発を歌いあげる


 *左から「ねこいち、うらん、稲葉」さん

放送アーカイブ(70分)

 11月25日のレイバーネットTVは、オープンチャンネル企画第三弾「ジョニーHのミュージック・ボックス(音楽箱)」で、3人組の音楽グループ「サンバ・ナ・フア」が登場した。プロのブラジル音楽家であるシトロン稲葉さんが、ボーカルのうらんさん、パーカッションのねこいちさんと出会ったのは、官邸前の脱原発行動だった。「サンバ・ナ・フア」は路上のサンバという意味。なぜ路上なのか? 稲葉さんはこう語る。「原発問題を通して民主主義って何だろうと考えた。場所を問わずきちんと意思表示をすることが、大事なことだと思った。そしてその基本は路上ではないかと思っている」。ブラジルの珍しい楽器の音色とともに、反原発のプロテストサンバに酔った1時間だった。(M)

↓「サンバ・ナ・フア」はポルトガル語で「路上のサンバ」の意味

↓コーディネーターのジョニーHさん。合間に「東京被曝」を披露した。動画(「東京被曝」2分)

↓釣り竿みたい形をした楽器「ビリンバウ」

↓ギターの弦の半分で一オクターブ高い音が出る楽器

↓ボーカルのうらんさんが熱唱

↓パーカッションのねこいちさん

*写真撮影=小林未来

心に沁みた「三月の風」

    佐々木有美

 「サンバ・ナ・ファ」の歌はどれも心に沁みた。特に良かったのが、「三月の風」。今年2月に作られた曲だという。2011年3月の原発事故を歌っている。

 三月の風は どっちに向かって吹いた
 三月の雨は どこに降り注いだ
 三月の空は 気紛れを起こして
 君の街へと 雨雲運んでった

 あの時、風と雨が放射能をまき散らした。それを知らされず無防備にさらされた人間と自然。あれから4年、ふとすれば日常の意識から抜け落ちそうな記憶を、この歌がよび覚ましてくれた。「三月の風と四月の雨が、五月の花をつれてくる」ということばがあるそうだ。本来は、命を育てる3月の風が、命を奪う風になってしまった。そして今も命を脅かし続けている。歌い続けたい歌だ。 動画(「三月の風」4分)

*以下全歌詞

「三月の風」 作詞・作曲・編曲:シトロン稲葉(2015年2月)



三月の風は どっちに向かって吹いた

三月の雨は どこに降り注いだ

三月の空は 気紛れを起こして

君の街へと 雨雲運んでった



割れたアスファルトの けやき並木も

困惑顔の人も 遊ぶ子供も

夜の風に乗った雲に覆われて

なにも知らされぬまま ただ立ち尽くしてた



三月の風は どっちに向かって吹いた

三月の雨は どこに振り注いだ

三月の空は 気紛れを起こして

君の街へと 雨雲運んでった

山のわらびにも ふきのとうにも

牛の親子にも 餌の藁にも

芽吹く木々に沿って雨は流れて

命宿す大地を静かに裏切った



三月の風は どっちに向かって吹いた

三月の雨は どこに振り注いだ

三月の空は 気紛れを起こして

君の街へと 雨雲運んでった



犬が西を向きゃ 尾は東向き
海風が吹けば 雲は彼方に

突然世界が無数に 裂けるとき

 いったい何願い請うことができたんだろう



三月の風は どっちに向かって吹いた

三月の雨は どこに振り注いだ

三月の空は 気紛れを起こして

 君の街へと 雨雲運んでった


Created by staff01. Last modified on 2015-11-26 15:42:54 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について