本文の先頭へ
LNJ Logo つながろう!はじめの一歩!〜「避難の権利」を求める全国避難者の会結成
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1029yumoto
Status: published
View


つながろう!はじめの一歩!〜「避難の権利」を求める全国避難者の会結成

      湯本雅典

動画(3分)

 10月29日、東京の参議院議員会館で「『避難の権利』を求める全国避難者の会」設立記念集会が行われ、支援者含め140名(うち全国から避難当事者30名)が参加した。(主催:「避難の権利」を求める全国避難者の会)

 当会は、その目的を「東京電力福島原発事故が起こってからの4年7か月、この国の政府は避難を福島だけの問題にし、復興の問題にすり替えて、避難の権利をないがしろにしてきた」中、「いま避難者は、その存在を無き者にしようとする力に抗って、つながり合い、力づけ合って避難の権利を求めていくべき時が来ています。」「これから私たちは、自らの権利として実質的な保障の獲得を目指していきます。」(「設立趣意書」より)としている。そして、「活動の重点課題」として、「^椽察κ殕棔↓⊇斬霾歉磧↓7鮃・医療、と鯑饉圓亮詑崘聴、チ換馘なつながり作り」をあげている。

 当会の設立に向けた準備は、今年6月から始められ、この日結成の日を迎えた。その道のりは、「当事者が運動を担う組織を作るというのは、とても大変なことでした」(中手聖一共同代表/写真)の言葉にある通り、極めて困難なことであった。しかし、震災後4年以上という時間の経過は、「子ども被災者支援法」の骨抜き、「帰還」の早急な実施による事態の混乱、原発の再稼働など、原発被災がなかったことのようにする政府の施策の強引な推進の連続であった。

 「避難の権利」を求める闘いが、今ふたたび立ち上がった。このアクションが全国の様々な取り組みとつながり、政府による具体的な政策実現に向けた大きな意義をもつことは間違いない。当会では、当面12月12日に京都で「第2回集会」が予定され、その間会員(避難者および帰還者個人)の募集をすすめ、来年初旬には総会を開催する予定だ。また当会では、広範な市民からの活動支援カンパを募っている。

・カンパ先:口座名 「避難の権利」を求める全国避難者の会
      口座記号番号 00530−8−102413
・「避難の権利」を求める全国避難者の会(準備会)ブログ
http://blog.livedoor.jp/hinannokenri/
 とき:2015年12月12日(土)午後
 ところ:京都市内


Created by staff01. Last modified on 2015-10-30 16:00:19 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について