本文の先頭へ
LNJ Logo 闘いは今からだ、これからだ〜9.20 吉祥寺ピースパレードに800人
Home 検索
 


闘いは今からだ、これからだ〜9.20 吉祥寺ピースパレードに800人

               牧子嘉丸

 反撃はすぐ開始された。9月20日(日)午後3時、快晴の東京・吉祥寺井の頭公園に幟をもった人々がぞくぞくと集まってくる。主催者による「あんな採決は無効です。きょうから戦争法廃止の闘いを はじめよう」というあいさつ。民主党菅直人、共産党宮本徹の両氏から国会の暴挙について報告。

 参加者のなかに九州から来た高校生がいて、「なぜこんなひどい政党に大人は政権をとらせたんでしょうか」と発言。このような事態を招いた大人の責任としても、戦争法廃止の闘いを続けねばと いう思いをあらたにする。

 3時半に三縦隊でパレードに出発。二番目のもっとも威勢の良い隊の先頭は、「魂のコーラー」こと火焔瓶テツさんだ。連日連夜の議員会館前での抗議活動の疲れもみせず「戦争は何も生み出さない」「戦争、迷惑迷惑、大迷惑」とリズミカルな声をあげて行進した。

 パレードは公園を出て、吉祥寺の繁華街を「戦争反対!」「平和が一番」と道行く人々に訴えた。沿道からは手を振ってくれる若者やうんうんうなづいてくれる子ども連れの母親、また親指を立て て賛意を示してくれる外国人など関心をもって応えてくれた。

 4時半、公園に戻ると、第二隊までの参加者800人との報告があり、みんなの歓声があがる。これからも闘いを続けようと決意して散会。国会前の闘争は重要だが、こうした地域に根ざした地道な取り組みも重視して、500人、1000人と積み重ねていこう。

 反撃の闘いは今からだ。これからだ。


Created by staff01. Last modified on 2015-09-20 22:10:08 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について