本文の先頭へ
LNJ Logo 戦争法案の強行採決は絶対にさせない!〜国会の内と外で敢然とたたかう
Home 検索
 


戦争法案の強行採決は絶対にさせない!〜国会の内と外で敢然とたたかう

 9月16日夜、戦争法案の委員会強行採決を前に、国会内では反対派議員が体を張って阻止行動。それに呼応して国会正門前には、3万5千人の人々が集まり激しい抗議の声を上げた。この日も警察は約30台のカマボコ車と二重の鉄柵で参加者をブロックした。しかし、膨れあがる群衆の力が圧倒し、午後7時には2車線が決壊した。大学自治会の旗や労働組合の旗も目立った。雨が降りしきる中、「安倍はやめろ!」のコールが続いた。辻元清美議員らが何度も情勢報告に来た。午後10時の報告。「女性議員たちはハチマキを締め、委員長室前をバリケードで封鎖してたたかっています。まだ委員会は開かれていません!」。ウオーと歓声が上がった。17日も午前9時から国会前行動が行われる。(M)

動画(5分半)

↓20台以上のカマボコ車がブロックしていた

↓二重の鉄柵警備。しかし結局この部分が解放された

↓突破して車道を歩く人たち

↓あっというまに2車線の車道が埋まった

↓「安倍やめろ!」のコールは止まず

↓警察との押し合いの中で多数の逮捕者が出た。警察の強引な警備が原因の不当な「公務執行妨害罪」の逮捕だった

↓こんな人も?

↓午後10時、辻元議員が国会報告「委員会室をバリケードしている」

↓雨が激しくなったがみんな頑張った


Created by staff01. Last modified on 2015-09-17 11:04:31 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について