本文の先頭へ
LNJ Logo ウィキリークス:米国が日本をスパイ盗聴していた!
Home 検索
 


以下、wikileaksの7月31日づけのプレスリリースの日本語訳です。
他に既に誰かが訳しているかもしれません。これは仮訳です。不正確なと
ころがあるかもしれません。ご容赦ください。(小倉年丸)

============================

 https://wikileaks.org/nsa-japan/ Wikileaksに米国が日本の政府高官や大手企業の機密情報盗聴によって取得したドキュメ ントが公開された。この問題についてのwikileaksのプレスリリースは以下のとおり。 ---------------- 本日、2015年7月31日、中央ヨーロッパ夏時間[世界標準時より2時間進んだ時間]午前9 時、Wikileaksは「ターゲット・トーキョー」を公表する。NSAが日本をターゲットとした 35のトップシークレットの情報で、このなかには日本の閣僚、三菱などの日本の企業が、 日米関係、貿易交渉、慎重な取り扱いが必要とされる気候変動戦略に関する傍受が含まれ ている。 このリストは、NSAが日本の企業複合体、政府の官僚、大臣、相談役を、第一次安倍内閣 (2006年9月から2007年9月)の時期にまで遡ってスパイしていたということを示している 。電話盗聴のターゲットのリストは、日本の内閣府の電話交換台switchboard,内閣官房長 官、菅義偉、「政府VIP 回線」と記載された回線、 黒田日銀総裁を含む日本銀行内部の 非常に多くの職員、少なくとも一人の日銀職員の自宅の電話、日本の財務省内、経済産業 省、三菱の天然ガス部門、三井の石油部門の部の非常に多くの電話番号が含まれている。 本日公開したドキュメントには日本の政府高官の盗聴に基づくNSAの複数のレポートも含 まれている。これらのレポートのうちの四つは、「トップ・シークレット」に分類されて いる。このうちの一つのレポートは「REL TO USA, AUS, CAN, GBR, NZL」という印がつけ られているが、これは、合衆国の「五つの目」の諜報機関のパートナー、すなわち、オー ストラリア、カナダ、英国、ニュージーランドに情報を提供する権限を与えたものだとい うことを意味している。 これらのレポートは、非常に多くの日本の政府省庁から情報を収集し分析しているという ことを示しており、日本政府に対する米国諜報機関の奥深さを立証するものである。これ らのドキュメントは、以下の日本の内部での討議について細部にわたる詳細な知識を有し ていることを立証している。農業の輸入や貿易をめぐる論争、世界貿易機関のドーハラウ ンドにおける交渉上の立場、日本の技術開発計画、気候変動政策、核とエネルギー政策、 二酸化炭素排出に関する制度、国際エネルギー機関といった国際機関との通信、米国やEU との外交関係の扱いに関する戦略計画や論点についての草稿、安倍の首相公邸でなされた 部外秘の首相ブリーフィングの内容。 Wikileaksの編集長、ジュリアン・アサンジは以下のように語っている。「これらのドキ ュメントから我々は、気候変動についての日本の提案や日本の外交関係が損なわれないよ うにするために日本政府が米国にどれだけのことを話し、どれだけのことを話さないでお くかについて気をもんでいることがわかる。しかし、合衆国は全てを聞き全てを読み、日 本の指導層の通信をオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、英国に提供していたと いうことを今知ったのである。日本にとっての教訓とは以下のことである。日本はグロー バルな監視のスーパーパワーに恩恵とか尊敬といった態度をもって期待すべきではないと いうことである。唯一のルールがある。ルールなどは存在しないというルールが。」 Wikileaksの調査編集者のサラ・ハリソンは次のように語った。「本日の公表は我々に、 米国政府が慎重な扱いを必要とする日本の産業や気候変動政策をターゲットにしていたと いうことを示している。もし日本におけるコミュニケーションが防御されていたとしたら 、日本の産業や気候変動の提案は効果は異なるものになったかもしれない。」 日本は第二次世界大戦以降、米国の親密な歴史的な同盟にある。最近の米国大統領の日本 訪問の最中に、バラク・オバマ大統領は「世界でも最も親密な米国の同盟のひとつ」とし てこの東アジアの国を表現した。これまでのWikileaksの公表したドキュメントから米国 の諜報機関が組織的に大量のスパイ活動をブラジル”Bugging Brazil” https://wikilea ks.org/nsa-brazil/、フランス”Espionnage Élysée” https://wikileaks.org/ns a-france/ 、ドイツ”The Euro Intercepts” https://wikileaks.org/nsa-germany/ に対して行なってきたことが示されてきたが、本日公表されたドキュメントはこれら に新たに日本を加えることになる。」 NSAの日本に対する最優先のターゲットの全リストは https://wikileaks.org/nsa-japan/selectors.html にある。

Created by staff01. Last modified on 2015-08-02 11:58:12 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について