本文の先頭へ
LNJ Logo 写真速報:「福島を忘れるな!再稼働を許すな!」の声を一つに〜国会周辺で大行動
Home 検索
 


「福島を忘れるな!再稼働を許すな!」の声を一つに〜国会周辺で大行動

                      shinya

 真っ赤な「原発反対 NO NUKES!」のプラカードが、雨の上がった日比谷野音を埋めつくしたNO NUKES DAY。4年目の3.11を迎える3月8日、「福島を忘れるな! 再稼働を許すな!」の声を一つに、全国で反原発統一行動が行われた。東京・日比谷野音は会場に入りきれない人で溢れた。午後1時からの集会、国会請願デモ、国会包囲、国会前大集会と夕方5時過ぎまで、行動が続いた。

 福島原発の事故は収束していない。汚染水は毎日漏れ続け、12万の人たちが未だに故郷を追われ避難生活を強いられている。加害者である東電や政府は誰も責任をとらず、不十分な除染で避難民に帰還を強い賠償さえ打ち切ろうとしている。現実をマスコミによって見えなくさせ、いかにも復興したかのように欺き、民意に一切耳を傾けない。日比谷集会では、「再稼働のために福島を切り捨て、戦争の出来る国を取り戻そうとする」安倍政権への怒りが噴き出した。

 「現在一番たたかっているのは沖縄の人たちだ」「今ここで立ち上がらなければ、わたしたちは子どもや孫に取り返しの付かない未来をのこすことになる」。福島や福井、静岡、鹿児島の原発立地からの報告、宇宙飛行士の秋山豊逎殴好肇好圈璽舛あった。

 国会前集会では国会議員、映画監督、絵本作家、グリーピースのドイツ人活動家などさまざまな分野の人たちが意見を述べ、国会に向かって原発を全て廃炉にせよと声を上げた。原発ゼロは可能だ。わたしたちは4年間、原発に頼らずに暮らしてきたことがそれを証明している。参加者は主催者発表で、延べ23000人だった。

↓勝又美佐子さん(原発はいらない福島の女たち)

↓秋山豊遒気鵝扮宙飛行士)

↓井上真紀さん(ストップ再稼働!3.11鹿児島集会実行委員会)

↓藤原玲子さん(11.23浜岡原発再稼働許さない!ひまわり集会実行委員会)

↓国会請願デモ

↓国会包囲行動

↓国会前大集会。上映中の映画『小さき声のカノン』を紹介する鎌仲ひとみ監督。

↓松本春野さん(絵本作家)

↓台湾の反原発運動からの力強いメーセージ


Created by staff01. Last modified on 2015-03-10 08:12:29 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について