本文の先頭へ
LNJ Logo 香港:学生リーダーへの誹謗中傷に対する声明
Home 検索
 


〔レイバーネット国際部・I〕

香港のオキュパイ・セントラルで学生リーダーの一人と称される弱冠17歳のジョシュア・ ウォン(黄之鋒)君に対する、メディアによる誹謗中傷が行われています。 香港の親中派メディア「文匯報」は、学生の授業ボイコットのピークである9月25日、一 面トップ記事で「黄之鋒に『アメリカの背景』大暴露」「外部勢力は3年前から 政治的 スターに押し上げた複数のルート」というような大見出しと大写真で報道しました。 ↓これです。 http://m.wenweipo.com/newsDetail.php?news_id=YO1409250001&category=paper 証拠もないひどい内容ですが、情報だけは広がってしまいます。黄之鋒君は、この記事を 事実無根であるという声明をfacebookにあげています。 https://www.facebook.com/joshuawongchifung/posts/706389776120200 以下、その声明の翻訳です。 ================= 黄之鋒 Joshua 9月25日 2:46 個人声明:「文匯報」紙の報導は事実無根 中高生の授業ボイコットの前日、街頭でチラシを配っていた学友が中年男性に拳を振り上 げられて襲撃されたが、「文匯報」紙では「黄之鋒に『アメリカの背景』大暴露」という 大見出しの記事を一面トップで「報道」した。「報道」の重点は以下の通り。 1、アメリカ商工会議所が僕の家族全員をザ・ベネチアン・マカオ・ホテル[マカオの超 高級ホテル:訳注]に招待した。 2、アメリカ駐香港領事と僕の父親と余若薇[公民党党首:訳注]と何度も会った。 3、アメリカの香港駐在機関の教育担当員Tin Daltonと僕が会食した。 4、米国民主基金会とアメリカのある勢力がそれぞれ10万米ドルと160万香港ドルを僕に 活動費として援助した。 5、アメリカ政府が僕を米軍艦に招待して、海兵隊員から格闘術を教えてもらい、虚弱体 質は「充電」され「屈強」になった。 6、民主基金会は、もし僕が起訴されたら、アメリカ留学の費用を全額補助することを約 束した。 黄之鋒は謹んでここに事実を明らかにします。この報道に引用された「ネットユーザーの 内容」は全くの虚構であり、完全に100%事実無根です。僕はこれまでいかなるアメリ カ商工会議所、領事、役人のことも知りませんし、それゆえ彼らとのいかなる接触もあり ませんし、また「米国民主基金会」なる組織のことを聞いたこともありませんし、軍艦を 見学したこともないことを、全人格をかけて保証します。「海兵隊員に格闘術を教えても らった」という噂にいたっては、親中派の人間でさえもおそらくは信じることができない ことです。 金銭面については、僕はこれまでいかなるカンパも受け取ったことはありませんし、学民 思潮も個別の巨額のカンパを受け取ったこともありません。それは組織の自主性を失うこ とを避けるためであり、すべての財政項目については会計士が処理しており、財政面での 独立を保証するものです。 メディアは、確かな証拠をもとに「報道」すべきであり、全く事実無根のネット上の情報 をでたらめに引用すべきではありません。「文匯報」自身も「ネットでこの情報が暴露さ れているが、今のところ相応の証拠があるわけではない」と述べているではありませんか 。メディアは無意味で無茶な誹謗をしないようお願いします。今回の「報道」はほとんど SF小説のようです。

Created by staff01 and Staff. Last modified on 2014-11-21 05:25:28 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について