本文の先頭へ
LNJ Logo 報告 : 東芝・過労うつ病労災・解雇裁判〜最高裁が会社側の過失責任を全面認定
Home 検索
 


東芝・過労うつ病労災・解雇裁判〜最高裁が会社側の過失責任を全面認定、高裁へ審理の差し戻し

              西中誠一郎

東芝の社員が、過重労働によるうつ病の発症により病気療養中に解雇され、解雇無効と損害賠償を求めていた裁判で、3月24日最高裁判所第二小法廷(裁判長:鬼丸かおる)は、会社側の過失責任を全面的に認め、「過失相殺」や「素因減額」などを理由に、損害賠償額を2割減額した東京高裁判決を破棄し、同高裁に審理を差し戻す判決を下した。2009年5月に労災認定を巡る別の行政訴訟で原告側勝訴判決が確定している。また本訴訟では会社側が上告しなかったため、1審2審で判断された解雇無効の判決(控訴審判決2011年2月)もすでに確定している。

原告は東芝の工場で技術者として働いていた重光由美さん(47)。重光さんは1990年に東芝に技術職として入社。2000年12月に同社が世界最大規模の液晶ラインの立ち上げを行う際に開発プロジェクトチームのリーダーになったが、立ち上げ期間の短縮や担当者の削減、上司の厳しい督促や新たな業務の指示など激務が続きうつ病を発症、2001年9月に休職を開始した。この間、同じ生産ラインの立ち上げ業務に従事した2名の同僚が自殺している。会社は、2004年9月に休職期間を満了しても直らないとして重光さんを解雇した。以来、療養を続けながら解雇無効や労災認定、損害賠償を求める長い闘いが始まった。

最高裁判決直後の記者会見で重光さんは以下のコメントを発表した。
    *    *    *
本日最高裁において、私の過失を安易に認めた高裁判決を否定し、会社側の過失を全面的に認めた判決が出た事をたいへん嬉しく思います。
「うつ病は心のカゼ」気軽に精神科を受診しましょうと言われているのに、一回程度の精神科の受診歴がある事をもって、私の過失やうつ病のなり易さ(素因減額)をした、高裁の裁判官には社会問題への認識不足を感じます。うつ病は誰でもなる病気ですし、適切な対応で良くなります。今回の判決で、社会のメンタルヘルスが向上することを期待します。
裁判開始から10年という長い時間が経っています。東芝は「メンタルヘルス対策をしています」と公言しているのだから、差し戻し審では誠意のある対応をして頂きたいと思います。

【参考サイト】
「東芝・過労うつ病労災・解雇裁判」
http://homepage2.nifty.com/tsbrousai/index.html
「東芝・過労うつ病労災・解雇裁判 重光由美さん支える会」
http://kaitsbrousai.web.fc2.com/
「うつ病患者の裁判しながら日記」
http://shigemitsu.blog40.fc2.com/category22-2.html#611
「厚生労働省 こころの耳 働く人のメンタルヘルス ポータルサイト」
http://kokoro.mhlw.go.jp/statistics/


Created by staff01. Last modified on 2014-03-25 17:31:05 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について