本文の先頭へ
LNJ Logo 経産省前テントひろば : 声明 東京地裁によるテント裁判“結審”強行を弾劾する
Home 検索
 


声明:東京地裁によるテント裁判“結審”強行を弾劾する

 12月3日、東京地裁大法廷にて、テント裁判第9回口頭弁論が行われた。今回の口頭 弁論では、前回法廷で、当事者参加を申し立てた43名のうち、福島の女性たちをはじめ とする6名が法廷内に入り、福島県双葉町で3・11事故に遭遇し、現在も都内に避難し ている亀屋幸子さんの感動的な陳述が15分にわたって行われた。法廷をうめる多くの人 々が涙ながらに聞き入った。  ところがその直後に、村上正敏裁判長(民事37部)は、「合議のため、5分間休憩しま す」といい、3名の裁判官は合議室に消えた。そしてこの「休廷」ののち、裁判長は、弁 護士の証拠・証人調べ請求を却下、続いて間髪を入れず「今回の法廷で弁論は終わります 」とつぶやき、閉廷を宣言することもなくそそくさと姿を消した。一瞬の出来事だった。 請求却下直後に弁護士が「忌避」を申し立てたが無視した。傍聴席の多くが何が起きたの か理解できなかったが、これが昨年3月以来続いてきたテント裁判の「結審」だった。  弁護士らは、直ちに裁判部に抗議したが、村上裁判長は姿を見せず、一切の要請・確認 にも応じなかった。裁判長の「審議終了」発言の前に、われわれは「忌避」を申し立てた 。裁判は止まっているはずだ、という抗議にも一切回答しなかった。シナリオ通りに法廷 は進行した。先日の進行協議で裁判所は、次回第10回口頭弁論の期日を来年2月26日と指 定した。また今回法廷では前記・亀屋さんの陳述を認めるなど、被告とその代理人側の意 向に応えるかのようなポーズをとりながら、だまし討ち的に「結審」を強行したのだ。  われわれは、怒りをもって村上裁判長の無謀な訴訟指揮を弾劾する。これは、国・経産 省の意に沿った、鹿児島・川内原発再稼働情勢の切迫と一体となった暴挙である。福島原 発事故は終わったどころか、始まったばかりだ。廃炉への道のりは少なくとも数十年とい われている。にもかかわらず原発の再稼働・輸出などにひた走る安倍政権の血迷った暴走 は、まさしく亡国の道である。われわれは許すことも、諦めることもできない。引き続き 、脱原発の砦・テントを守り抜き、原発をなくし、再稼働を阻止するために全力をあげる 決意である。  2012年12月4日       経産省前テントひろば

Created by staff01. Last modified on 2014-12-04 14:32:28 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について