本文の先頭へ
LNJ Logo 「郵政・メトロコマースはリーディングケース」〜司法も重視する非正規問題
Home 検索
 


「郵政・メトロコマースはリーディングケース」〜司法も重視する非正規問題


         *写真=提訴した原告の三人

11月20日午前10時半、郵政の非正規労働者の差別撤廃をもとめる第3回口頭弁論が、東京地裁527号法廷で開かれた。約60人が詰めかけ傍聴席はあふれたが、審理は弁護側からの反論提出のみで5分で終わった。この裁判は、メトロコマースと同様に正社員との「不合理な労働条件の禁止」を明記した労働契約法20条を根拠に、差別是正を求めている。報告集会では「裁判が始まったので現場の管理者はぴりぴりしている。査察が入ったり慌てているようだ」など職場実態が原告から語られた。棗(なつめ)一郎弁護士は、「先日裁判官を交えた研修会があった。かれらは労働契約法20条の勉強会をやっていて、郵政・メトロコマースの裁判がリーディングケースになることを認識している」と報告した。「労働契約法20条」を根拠にした郵政・メトロコマースのたたかいは、この国の非正規2千万人の未来にかかわる「がっぷりよつ」の大裁判になりそうだ。次回は2015年1月26日(月)10時、東京地裁527号法廷。(M)

*郵政産業労働者ユニオンHP

↓弁護士会館で開かれた報告集会

↓棗(なつめ)一郎弁護士(左)


Created by staff01. Last modified on 2014-11-20 20:51:18 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について