本文の先頭へ
LNJ Logo 現地レポート : 全米150都市でファストフード労働者が立ち上がる〜逮捕者は100人以上
Home 検索
 


全米150都市でファストフード労働者が立ち上がる〜逮捕者は100人以上

首都圏青年ユニオンの山田です。

全米150都市で行われたファストフード労働者のストライキ行動で、現在100人以上が逮捕されました。

ロサンゼルスでも、第1波のあとに、ビルのフードコートにあるマクドナルド前に集まりましたが、マネージャー側が鍵を閉めて、こちら側の入店を拒否。その代わり、お客さんも出れなくなり、そのことでトラブルになっていました。

その後、ロサンゼルスのブロードウェイをパレード。出発前は曇りだったのが歩き始めると天気が味方したのか一転して快晴になり、元気よくパレードをしました。

組合加入数ヶ月のファストフード労働者が叫び、ブロードウェイを歩く人たちは「あれはなんだ?」「映画の撮影か?」などと言っていました。

2店舗目のマクドナルドはスムーズに入れ、カウンター越しに「最低賃金は15ドル以上!労働組合の結成を認めろ!」とアピール行動。

その後、市民的不服従の座り込みをしていましたが、警察が警告し、それでも動かなかったファストフード労働者たち10人を連行していきました。

この後、ロサンゼルスの警察署前でファストフード労働者たちを返せ!ということ行動をしてきます。


Created by staff01. Last modified on 2014-09-05 17:14:10 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について