本文の先頭へ
LNJ Logo 写真速報 : 官邸前で怒りの大コール続く〜「集団的自衛権」行使容認を閣議決定!
Home 検索
 


官邸前で怒りの大コール続く〜「集団的自衛権」行使容認を閣議決定!

7月1日午後4時すぎ、大臣を乗せた黒塗りの車列が官邸に入った(写真下)。官邸前歩道で抗議していた市民はそれを見つけ、ひときわ大きな声で「閣議決定反対」を叫んだ。歩道は人で埋まり、身動きがとれない。警備は前夜以上の多数の警官が動員され、鉄柵をつかった厳しい規制だった。そんななか午後5時すぎ、「集団的自衛権行使容認」の閣議決定の一報が官邸前に届いた。主催者がマイクで「閣議決定がされた模様です。絶対に許せない」と報告。すぐに大コールが始まった。

「閣議決定 絶対反対!」「撤回!撤回!」「勝手に決めるな!」。この日ずっとコールの音頭をとっていた女性コーラーが、声を張り上げる(写真)。眼には怒りの悔し涙をいっぱいためていた。夜になっても抗議の人波は増える一方で、官邸前行動は前日をこえる万単位の規模になった。そして、若い人を中心に抗議は深夜まで続いた。

主催者の実行委員・高田健さんは官邸前集会で、「集団的自衛権問題が影響して、安倍内閣の支持率が下がっている。この支持率を30%とか20%にたたき落とすことで、安倍政権はつぶせる。また閣議決定を実行するには自衛隊法改正・派兵恒久法などいくつもの法律化が必要。それらを一つひとつつぶしていくたたかいが重要だ。この国を絶対に戦争する国にさせてはならない。ここにいる若者を戦場に送ってはならない。これは私たちの責任だ。安倍政権打倒に向けて決意を固めあおう!」と訴えた。(M)

動画(YouTube 6分)

↓官邸前歩道はぎっしり埋まった

↓国会側は警官が張り付き激しい妨害

↓夜になって人はますます増えた


Created by staff01. Last modified on 2014-07-02 11:44:10 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について