本文の先頭へ
LNJ Logo 写真報告 : 100回目を迎えた首相官邸前金曜行動
Home 検索
 


100回目を迎えた首相官邸前金曜行動


                   写真・文=shinya

 「100回も言わせるな!NO NUKES」。金曜の夜、女性は首相官邸に手書きのプラカードを突きつけた。首相官邸前の金曜行動は2012年3月以来、5月2日で100回目を迎えた。2012年6月29日、大飯原発再稼働反対の声は議事堂前を20万の人で埋めた。参加者は少なくなったが、今でも金曜の夜になれば二千人近い人たちが国会周辺に集まる。「種火を消してはならない」。その思いを確かめ合い、ここで知り合い顔馴染じみになった人たちも多い。その中高年パワー全開の列に、初めて参加したという子連れや若い人たちがいつもいる。プラカードにも「改憲反対」「秘密保護法反対」「TPP反対」「福島も沖縄も差別するな」なども目立つようになってきた。それらは「再稼働反対」と根っこでつながっている。金曜行動は丸二年を経て、いま全国に拡がりつづけている。

動画(木下撮影 5分)

↓100回目の首相官邸前金曜行動。

↓財務省上交差点

↓財務省交差点から国会議事堂正門前までの通りは、踊りがあり、闇に向かってブブゼラの音が響き、忌野清志郎の音楽が流れ、ミニキャンドル広場の国際交流もある通りだ。この日は忌野清志郎の命日。「勇気を出しなよ」って見つめている清志郎の写真に花が添えられ、お線香が上げられていた。彼は2009年、58歳で亡くなった。

↓議事堂正面前。

↓ファミリーコーナー。

↓財務省上交差点。福島の子どもたちを被ばくから守るため、裁判や疎開・留学の活動をしている人たち。

↓金曜行動は8時に終わる。帰り道にある経産省前テント広場は、冬は温かい飲み物、夏には冷たい飲み物が用意され、参加者をねぎらうオアシスのようだ。


Created by staff01. Last modified on 2014-05-03 17:57:56 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について