本文の先頭へ
LNJ Logo トルコ : 労働組合の指導者ら100人を逮捕〜即時釈放求める国際署名を!
Home 検索
 


情報提供 : 「レイバースターツ」エリック・リー
2月19日(火)の早朝、トルコの警察は官公労組ナショナルセンターKESKの指導者、メンバーを標的に、教職員など少なくとも100人を逮捕しました。
警察は、労働組合員らがテロリスト組織とつながっていると理由で、合計167通の逮捕状を発行しました。

トルコの当局が、反テロ法を使って労働組合を弾圧するのは、今回が初めてではありません。来る4月10日には、昨年6月に逮捕されたKESKの指導者やメンバー72人に対する公判が始まります。

国際労働組合総連合(ITUC)、教育インターナショナル(EI)、国際公務労連(PSI)、欧州公務労連(EPSU)は、世界中で何千万という組織労働者を代表していますが、逮捕されている労働運動家の即時無条件釈放を求める大規模なキャンペーンを新たに開始しました。さらには、トルコ国家が労働運動家にテロリストというレッテルを貼って迫害することをやめるよう求めています。
どうか一分を割いて、あなたの名前をこのキャンペーンに連ねて下さい。
http://www.labourstart.org/sendy/l/g3r/2n

また、このキャンペーンをみなさんの組合員に広く知らせて下さい。みなさんのご助力でこのキャンペーンを広め、トルコ政府が無視できないものにしましょう。

何万という人たちがメッセージを送れば、トルコ政府も譲歩し、私たちの仲間たちを刑務所から釈放するかも知れません。
ありがとうございます。連帯よ、永遠に。

エリック・リー


Created by staff01. Last modified on 2013-02-27 18:29:39 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について