本文の先頭へ
LNJ Logo 写真速報 : 「裁判所前の男」控訴審 結論ありきの不当判決!
Home 検索
 


「裁判所前の男」控訴審 結論ありきの不当判決!〜大高正二さんは満期で釈放

12月20日午後、「裁判所前の男・大高正二」裁判の控訴審判決が東京高裁であった。弁護団は冒頭、この間の訴訟指揮に抗議して「裁判官忌避」を申立て果敢に抵抗したが、全て井上弘通裁判長は門前払い。そして、裁判長は「主文 控訴を棄却する」と述べたあと、35分にわたって判決要旨を読み上げた。事実認定のごまかしが随所にあり、傍聴席からはため息が漏れた。判決後の記者会見(写真)で、長谷川主任弁護士は「一審よりひどい判決」、大口弁護士「頭の中だけのバーチャル判決」、河村弁護士「結論ありきで矛盾だらけ」と厳しく批判した。一審判決の懲役1年2月が維持されたが、大高さんはすでに1年3月も勾留されていた。この日の判決で「未決日数を算入する」とされたため、大高さんの釈放も決まった。この日夜、東京拘置所から出てきた大高さんはとても元気で「運動不足でちょっと太った。最高裁に上告してたたかう」と述べていた。(M)

↓司法記者クラブはガラガラ。マスコミの無関心ぶりを実感させられた。

↓出所したばかりの大高正二さん、とても元気だった


Created by staff01. Last modified on 2013-12-25 19:24:36 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について