本文の先頭へ
LNJ Logo 猪瀬は居直り、職員は再処分!〜ここまでやるか暴走都教委
Home 検索
 


猪瀬は居直り、職員は再処分!〜ここまでやるか暴走都教委

一度出した処分が最高裁で取り消しになったら、もう一度処分を出す。常識では考えられないことが起こった。今年9月、最高裁は「君が代」不起立による減給処分と停職処分を都教委による裁量権の乱用として取り消した。(不当にも根津公子さんの処分は取り消されなかった)。しかし都教委は12月17日、取り消された25人のうち7人の現役教員に再度処分を発令した。8年半前の不起立についてである。取り消された減給処分の回復措置はとられたが、謝罪も反省のことばもない。その上に再処分の仕打ちである。5千万円もらった猪瀬は居直り、一般職員にはこのイジメ。7人の被処分者の1人、高校教員の伏見忠さん(写真)は「自分のやったことには、ほうかぶりし、他人のことは追及する。都教委に教育をつかさどる資格はない。恥を知れと言いたい」と語った。(佐々木有美)

↓2005年の減給処分が2013年9月最高裁で取り消しで確定した。都教委は、再度事情聴取を行い、8年前の事件で12月17日に再処分を強行した。

伏見忠さんインタビュー動画(8分)


Created by staff01. Last modified on 2013-12-19 13:11:52 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について