本文の先頭へ
LNJ Logo 写真速報 : 「憲法・秘密保護法」安倍暴走を止めよう!〜臨時国会開会日に二つの院内集会
Home 検索
 


「憲法・秘密保護法」安倍暴走を止めよう!〜臨時国会開会日に二つの院内集会

臨時国会開会日の10月15日午後、安倍暴走に危機感をもつ二つの市民集会が院内で連続して開かれた。「集団的自衛権の行使は平和憲法の破壊だ!10.15院内集会」と「市民の生命と安全を脅かす秘密保護法案に反対する院内集会」で、あわせて約350人が集まった。安倍首相の演説を聞いたばかりの照屋寛徳議員(社民)は、「『積極的平和主義を掲げて前に進んでいく』だと、何言ってるんだこのバカタレ!」と「安倍のウソ」を一喝。また山下芳生議員(共産)は、「国民で改憲を望んでいる人は3%。安倍政権と国民の意識は完全にねじれている。ここを足がかりに跳ね返そう」と呼びかけた。両集会で異口同音に強調されたのは秘密保護法の怖さ。「何が秘密なのかも秘密」「真実を追及する国会議員やジャーナリストが逮捕される」「一気に戦争モードになる」。山本太郎議員も「こんな危ない法律は上程させてはいけない。いま頑張ろう」と訴えた。二つの集会からは、安倍暴走「戦争への道」を絶対止めるという超党派議員と市民の熱意が伝わってきた。(M)

↓照屋寛徳議員、怒りのスピーチ「戦争は絶対に許さない」

↓共産党議員が多かった。発言しているのは無所属の糸数慶子議員。他に民主党の辻元清美議員、社民党の福島みずほ議員・吉田忠智議員(党首)も出席した。

↓新人議員も頑張る。吉良よし子議員(共産党)

↓続いて議員会館で開かれた「市民の生命と安全を脅かす秘密保護法案に反対する院内集会」

↓山本太郎議員(無所属)「上程させない運動を!」


Created by staff01. Last modified on 2013-10-16 10:43:08 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について