本文の先頭へ
LNJ Logo マレーシアTPP交渉会合の現場から
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 0724tpp
Status: published
View


*レイバーネットMLから
紅林進です。

安倍政権は、国民の反対を押し切り、そして昨年12月の自民党の
公約をも破り、昨日7月23日に、マレーシアで行われいるTPP交渉
会合に日本政府として参加しましたが、昨夜は・東京新宿でそれに
抗議する駅前集会も開催されました。

このTPP交渉会合にあわせて、マレーシア現地入りして、情報収集と、
TPP反対の現地での活動をしている、PARC事務局長の内田聖子さん
は、昨夜の新宿での抗議集会の際も、マレーシアから国際電話で、
現地の状況を報告されましたが、現地の様子を伝えるUST中継も
アップされている報告がPARCの会員MLに投稿されていますので、
転載させていただきます。

なお本日(7月24日・水曜日)、朝8:30〜のテレビ朝日「モーニングバード」
に現地から少しだけ内田聖子さんが生出演するとのことです。(出演時間
は番組放送中のどこかのタイミングとのことです)。

なお7月25日(木)には、内田聖子さんのこのマレーシアでの交渉会合の
報告も含めた、TPPに関する内田聖子さんの講演会も予定しています。
(主催は別団体、下記、後段参照) 


(以下、PARC会員MLより転載)

PARC会員のみなさま
TPP反対にかかわるみなさま
TPP参加反対署名に参加してくださったみなさま
(一斉送信で失礼いたします)

PARCの内田聖子です。
明日までマレーシア・コタキナバルのTPP交渉会合の現場です。
本日から日本政府の交渉団100名が、鳴り物入りで参加しました。反対を続けて
きた者として、大きな怒りと失望を感じざるを得ません。おとといの参院選の結
果はさらにその思いを強くします。

が、マレーシアや各国NGOは、参加国の市民社会として長らくTPP交渉を監視し、
阻止に向けて地道な努力を重ねています。日本の私たちもその仲間に入ることに
なるわけですが、こうした仲間たちの知見や情熱、正義感に大きく励まされたこ
とも事実です。

さて交渉の経緯や日本政府の問題点など、まとまった分析は追ってお送りします
が、まずはいくつかお報せです。

★ブログ更新:
「これは「交渉」ではない―日本は「何に参加するのか」」
http://uchidashoko.blogspot.com/2013/07/blog-post.html

★現地から急きょUST中継をしました!
日本政府が続々と入る様子。マスメディアは箝口令(質問禁止)を敷かれ、誰ひ
とり質問しません(私だけがしたけれど交渉官はまったくムシ)
http://www.ustream.tv/recorded/36236163
http://www.ustream.tv/recorded/36237813

★明日(7月24日・水曜日)、朝8:30~のテレビ朝日「モーニングバード」に現地
から少しだけ生出演します。(出演時間は番組放送中のどこかのタイミングです)。
可能な方はぜひご覧ください。

★その他の情報は随時ツイッターなどで発信中です。
@uchidashoko


<内田聖子さん(PARC事務局長)によるTPP問題講演会のご案内>

市民連帯・東京 第9回CS東京懇話会
「私たちの暮らしを米国系多国籍企業に売り渡すTPP」
 
講師:内田聖子さん(アジア太平洋資料センター・PARC事務局長、
    STOP TPP !! 官邸前アクション実行委員会呼びかけ人)
日時:7月25日(木) 午後6時30分〜8時50分(開場は6時10分)
会場:東京ボランティア・市民活動センター/会議室B (定員40名)
    (飯田橋・セントラルプラザ庁舎棟10階) 
     JR/地下鉄「飯田橋駅」下車すぐ
     地図 http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif
参加費:500円
主催:政治の変革をめざす市民連帯・東京 
    http://www.siminrentai.com/
Eメール:http://jp.mc1010.mail.yahoo.co.jp/mc/compose?to=ctstky@yahoo.co.jp 
 
※事前予約・申込み等は必要ありません。当日直接会場にお越しください。
なお定員を超える参加者がありますときは、当日受付の先着順とする場合
もございますのでご了承ください。

講師の内田聖子さんは、現在、マレーシアで開催されているTPP交渉会合に、
国際NGOの一員として現地入りして、情報収集やTPP反対のロビー活動に
あたっており、この懇話会の直前に帰国予定ですので、一番ホットな話が
伺えるのではないかと思います。



Created by staff01. Last modified on 2013-07-24 11:36:49 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について