本文の先頭へ
LNJ Logo NPO法人 労働相談センター : 「解雇理由」メール相談3月分紹介
Home 検索
 


みなさんへ 

シリーズ「解雇理由」です。
2013年3月中にNPO法人労働相談センターと全国一般東京東部労組に寄せられたメール相談の「解雇・退職勧奨・退職強要」事例からまとめました。

******************************************************
シリーズ「解雇理由」2013年3月分
(「解雇・退職勧奨・退職強要」のメール相談事例のまとめ)
NPO法人労働相談センター
全国一般東京東部労組
2013年5月20日

1、4月卒業予定の大学生。以前心療内科に通院していた事が会社に知られ、決まっていた内定を取り消された。病気も治っているのに、余りにも理不尽なやり方。

2、うつ病で一年間休職した。いざ復職という段階で退職勧奨を受ける。

3、新卒で入社。正社員として入社したはずなのに、実際は雇用保険も社会保険もなく日雇い雇用。一ヶ月で社長以外は全員解雇。

4、仕事があるのに、自宅待機命令。このかん賃金はでない。きちんと解雇してくれないと職安で手続きもできない。

5、会社が近く閉鎖され、親会社が希望する社員を雇用することとなった。社員のほとんどは退職するが、会社都合にはしないと言われた。自己都合だと退職金も大幅に減額になる。

6、月100時間の時間外労働をしているのに残業代が支払われない。にもかかわらず「仕事ができない」という理由で解雇された。

7、県立大学の非常勤職員。1年毎の3年契約。もうすぐ満期になる。どうしても辞めなければならないのか。働き続けるにはどういう方法があるのか。

8、5年契約で次回の更新を拒否された。会社都合退職となるか。

9、派遣先の上司のパワハラや嫌がらせが酷く、派遣先の相談室に連絡したら、ますますいじめが酷くなり、ついには解雇された。

10、1年契約パート。現在来期の契約更新交渉中。会社は「更新しない」と言っているが、なんとか来年も働く道はないだろうか。

11、1年契約社員。健康を崩したので辞めたいが、1年間はやめられないのか。

12、うつ病で休職したが、会社は傷病手当金の手続きをしてくれない。挙げ句「退職届を提出すれば、手続きをしてやる」と交換条件を出してきた。

13、パートの多い職場。パートが退職願いをだすと社長は「じゃー今日で辞めて」とその日で辞めさせる。これって即日解雇に当たり、30日分の解雇予告手当が必要なのでは。

14、女性正社員。産休・育児休暇の後、復職に当たり、会社から「残業及び土曜日出勤を行え。出来ない時は契約社員に降格する」と示唆されている。子育て中で、出来ないことを無理難題を押しつけ、自己都合退職をねらっている。

15、幼稚園勤続2年。妊娠2ヵ月を園長に伝えたら「うちでは働かせられない。やめてもらう」と言われた。「この先、生活できない」と訴えたら「自己責任だ。自分で考えろ」と言う。

16、3年間勤続。契約社員。関連会社に出向して労働。出向先の社員からひどいパワハラを受けたため、相談窓口に告発したら、「次の契約更新は無い」と伝えられた。

17、定時制高校のアルバイト。「向いていない」と突然メールで解雇。2年勤続で今更「向いていない」はない。セクハラ・パワハラ・いじめもある職場。高校生だが、解雇予告手当は請求できるか。

18、学校非常勤講師。4月の労働契約法改正施行に伴い、学校の新たな募集要項に「更新は最大4回まで」と記載してある。5年後のことを考えるとすごく不安になります。

19、うちの会社は仕事が遅いと見なした社員をどんどん解雇してくる。不当解雇に当たらないのか。

20、突然個室に呼ばれて「経営悪化なので1ヵ月後に解雇」と言われた。生まれて初めてのことで頭が真っ白になった。

21、ブックオフ。試用期間中。今日の出勤日を間違えて欠勤してしまったら、今、携帯に電話があり「辞めてもらって結構です」と言われた。

22、障害者。障害者雇用で契約社員として働いているが、上司や同僚からのパワハラに苦しんでいる。「お前のようなのを雇うなら健康な人をフルタイム雇ったほうが役にたつ」という暴言も。

23、「飲み会に参加しないなら、辞表を出せ」と言われた。

24、「賃金週払い」の契約で始めたアルバイト。勤めて一週間で「週払いは出来ない」と言われたので、「生活できないから困る」と答えると「お疲れ様。今回はこれで終わり。制服を返して」とクビになった。

25、非常勤講師。市から要請があり、市立幼稚園の来年度4月からの採用が内定した。すでに決まっていた民間の幼稚園におわびしてお断りした。ところが3月に妊娠したところ、市から「今回は無かったことに」と連絡があった。

26、事務員。半年毎の契約社員。以前から「来期もお願いします」と繰り返し言われていたのに、ここに来て「次回は更新しない」と言われた。

27、アルバイト。病気で休んだら即日解雇。

28、外回り中、強風で目にゴミが入り、どうしても直らないので「眼科に行きたい」と電話連絡したら「解雇する」と言われた。勤務中のことなので納得できない。

29、仕事中に捻挫して一度は労災認定されたが、しばらくして、又、仕事中同じ場所を痛めたが、今回は労災申請をしてくれず、「弊社で働くのは不適切」と解雇された。

30、工場閉鎖で全員解雇。管理職の自分も解雇されたのに、自分ひとりだけ残されて残務作業をやらされている。クビになった会社にこれ以上奉仕するのは嫌だ。

当該ブログ「労働相談センター・スタッフ日記」(写真も)
http://blog.goo.ne.jp/19681226_001/e/6b01df4ef211118e45722a1c9010f1ab

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ★★全国一般東京東部労働組合からのお知らせ★★
労働者にとって最強のセーフティネットは労働組合!
労働問題を労働組合加入で解決しよう!
生活と権利を守るため全国一般東京東部労組に加入しよう!

☆首都圏ならひとりでもだれでも入れます
・組合費は月額賃金総額の1.5%(加入金3 ,000円)
全国一般東京東部労働組合
website:http://www.toburoso.org
e-mail:info@toburoso.org
〒125-0062東京都葛飾区青戸3-33-3野々村ビル1階
TEL03-3604-5983/FAX03-3690-1154


Created by staff01. Last modified on 2013-05-20 12:48:39 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について