本文の先頭へ
LNJ Logo 憲法違反の大阪市職員アンケートにストップかかる!
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1329222854791st...
Status: published
View


憲法違反の大阪市職員アンケートを教員に実施する案が、2/14教育委員会会議ではっきりストッ
プ!がかかりました。 以下は、なかまユニオン学校教職員支部組合員の傍聴報告です。
http://nakamaunion.jugem.jp/?eid=260

なかまユニオン
井手窪 啓一 
−−−以下ブログから−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
教育委員会はストップ!!−思想調査・組合つぶしの大阪市職員アンケー ト、

大阪市職員アンケートを教員に実施する案が、2/14教育委員会会議ではっきりストップ!がかかりました。 以下は、なかまユニオン学校教職員支部組合員の傍聴報告です。 文責は、なかまユニオンにあります。 

事務局が永井教育長専決で実施すると決めたのを、昨日2/13に教育委員5人側か ら「重要だから、2/14定例会議で追加議題にする。」とマッタがかかった経過で す。

矢野委員長を含めて4人が「実施反対」(濃淡はあるが)、高尾委員1人が「賛 成」。しかし少数否決にはせず、2月中の次回会議に限り「継続審議」扱いにし、事 務局に対して「修正の追加提案」を求めて終わりました。火種は残っていますが、下 記の論議から考えて、同じような内容にはならないと思います。 ・・・・・・・・・・  

事務局原案は、市役所と同じ内容を、個人PCはないので、紙で封筒のり付け回収。 対象は、(橋下の意図はどうあれ?)小中学校の府費の教職員は除いて、市費雇用の 市立高校・支援学校教職員と、小中学校の管理作業員・給食調理員など、計3900 人。

以下私の責任での、論議の要点の非公式記録です。いくつか大事な論点も出てい ます。

 ○勝井映子委員(大阪弁護士会「選出枠」)・・・分析担当の野村弁護士グループだ けが見て、上司の目に触れないのに、免職以外の懲戒処分があり得るという説明は、 理解できない。業務と無関係な内容で、職務命令として適法か疑問だ。「Q7 街頭 演説を聞いたりする・・・」は、内心の自由の表明の強制だ。「Q12 職場におい て選挙のことが話題になったことがありますか。」は、話題にするのは主権者として 当然のことだ。使用者が組合の脱退などについて聞くのも、不当労働行為になる。実 施反対だ。違法行為があるなら個別に調査すべきだ。

 ○事務局(永井教育長)・・・アンケートと処分は、直接関係はない。アンケート は、新しい条例制定のための実態調査だ。

 ○勝井・・・条例制定のための調査なら、別の方法ですべきだ。

 ○佐藤友美子委員(サントリー文化財団上席研究フェロー)・・・びっくりしてい る。条例作成のための調査なら、固有名詞(実名)は要らない。この形ではすべきで ない。

 ○長谷川惠一委員(学校法人エール学園理事長)・・・迷っている。違法状態がある のなら解明すべきだと思うが、方法についてはもっと法律論を深めて、継続審議した い。

 ○高尾元久委員(産経新聞大阪本社嘱託業務アドバイザー)・・・実施賛成だ。この 内容で妥当だ。教職員は潔白を証明すべきだ。質問の義務回答と任意回答も区別され ているから、問題はない。 

○長谷川(?)・・・上司は見ない、に市長も入るのか。市長も見ないのか。 

○事務局・・・野村弁護士発言の朝日報道はあったが、正式には確認できていない。 

○事務局・・・仮にだが、無記名アンケートならこのままの内容でいいのか。 

○勝井・・・それなら目的が一層不明になる。 

○事務局・・・中にはこのアンケートに答えたい教職員もいる。市長の命(めい)を 重く受け止めたい。 

○勝井・・・提出は自由・任意にして、業務(職務)命令とは決めていませんと書く 形はどうか。 

○佐藤・・・設問を絞るのはどうか。 

○矢野裕俊教育委員長(武庫川女子大学・教育学)・・・アンケートは、目的が明確 で正当でなければならない。原案はそれが不明確だ。学校現場の違法状態がないかの 調査自体は必要だ。その責任は市長ではなく、任命権者の教育委員会にある。原案の 意図は受け止めるが、この形かは留保する。賛否が4対1でまとまらないので、継続 審議にしたい。 

○高尾・・・継続ではなく今日採決した上で、改めて教育委員会としての議論をすべ きだ。 

○長谷川・・・高尾委員に質問する。市長と教育委員会が違う決定になることもあり 得ると
思うが、その点はどうか。 

○高尾・・・公務員の中立性の確保の問題は、同一であるべきだ。内容次第だ。 

○長谷川・・・内容次第で違う決定もある、ということで間違いないですね。 

○矢野・・・2月中の次回会議に、事務局から別の形の案を準備してほしい。 

○高尾・・・今日の案についての採決を! 

○勝井・・・継続審議で、事務局から追加の提案をしてほしい。今日の不明点を、市 長に説明を求めてほしい。 

○事務局・・・市長への確認はします。 

○矢野・・・今日は終わります。 

・・・・・・・・・・  

この間の市民・大阪市職員・教職員の声が力になっていると思います。みなさんに 2つをよびかけます。 

 _仄錣六弔辰討い泙后次回教育委員会会議で断念するように、市教委に要請を出 してください。

 ◆ゞ疑Πにすべきでないアンケートは、市職員に対しても中止するように、橋下市 長に要請を出しましょう。 

・FAX(24時間可) 06−6202−7052 教育委員会の総務部・広聴 ・TEL        06−6208−9071 [同上] 

・PC 大阪市役所HP「市民の声」 (市長・市教委、共通) 以上です。

Created by staff01. Last modified on 2012-02-14 21:34:16 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について