本文の先頭へ
LNJ Logo 報告 : 若者が戦場で見たものは〜「レイバーネットTV」でイラク帰還米兵が語った真実
Home 検索
 


若者が戦場で見たものは〜「レイバーネットTV」でイラク帰還米兵が語った真実

12月5日の「レイバーネットTV」にイラク帰還米兵アーロン&アッシュさん(写真)が生出演した。二人は2003年イラク占領に従軍した。当時20台前半の彼らはまず、どうしたら人を殺せるかを徹底的に訓練された。「動くものを即座に撃つことを筋肉に覚えさせることから始まった。イラクへ行くのは、独裁者を倒し人々の生活を援助し平和のために行くと信じていた。しかし裏切られた」。二人は昨日のことのように占領下の実態を語った。「戦地に行くと性差別・人種差別が身についてくる。イラク人を“ハジ”という差別語で呼んだ。非人間化すると殺しやすくなるし、殺しても悩まなくなる」。そしてかれらはイラクの少女をトラックでひき殺す事態を起こしてしまった。少女の家に行って弁償をするが、その代金はヤギ一頭の半分でしかなかった。

1時間15分にわたる二人の生々しい証言にスタジオは緊張し、涙をぬぐう人も多かった。二人は大量破壊兵器の存在を信じ、正義のために戦地に行ったのに、すべてが裏切られズタズタにされた。暴力的な体質になったかれらは、帰国してもまともな仕事に就けず、PTSDに悩み、多くの仲間を自殺で失っている。

日本の若者へのメッセージを求められて、かれらはこう答えた。「戦争はゲームと違う。死んだ人間はけっして戻らない。戦争で平和をつくることができないことは歴史が証明している。為政者にだまされてはならない。戦争はいったん始めると戻ることができないからだ。憲法9条は大事だ」。

 “ハジ”の意味を問われて、アッシュはこう話した。「“ハジ”とは本来はイスラムの言葉でいい意味なのだが差別語として使っている。第二次大戦で日本人を“ジャプ”と呼んだのと同じ、あなたたちも“鬼畜米英”と言っていたでしょう」。番組へのツイッターで「日本兵が中国人を“マルタ”と呼んだのと一緒ですね」というコメントも寄せられた。人殺しの戦争は、人を人と認めない「差別・蔑視」が叩きこまれるところから始まることがよく分かった。

 いまなお公然と中国を“シナ”と呼んでいる石原元都知事がのさばっている現状を見るにつけ、こんな男を議員していいのか、選んでいいのか、と体の深部から怒りがこみ上げてきた。(M)

アーカイブ(特集は12分から)

↓ニュースダイジェストではこの日の「竪川の行政代執行」も取り上げた

↓スタジオは新宿バンブースタジオ

↓特集「戦争と軍隊は人間をどう変えるか」

↓右・アーロンさん

↓アッシュさんは「少女」を描いた絵を見せた

↓ジョニーHが世界平和を歌う「平和の屁」

↓乱鬼龍のきょうの一句

↓「12.15レイバーフェスタへきてね」土屋トカチキャスター

↓出演者記念撮影

↓二次会では各々が「戦争」を熱く語った

*写真撮影=小林未来


Created by staff01. Last modified on 2012-12-06 16:40:08 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について