本文の先頭へ
LNJ Logo 福島 : 「放射能からいのちを守る全国サミット」に400名
Home 検索
 


全国から避難者を支援する50の団体が結集
放射能からいのちを守る全国サミットに400名

 2月11日から2日間にわたって「放射能からいのちを守る全国サミット」が福島市で開催された。(主催・放射能からいのちを守る全国サミット実行委員会)

 ここには全国から400名、被災者の受け入れなどの支援をすすめている50の支援団体が集まった。

1日目は事例報告、分科会、パネルディスカッションが行われ、避難者と全国の支援団体がどのように関係を作りあげてきたのか、またそこでの課題などが報告された。

2日目は、相談会が2会場で開かれ、保養、移住などの問題で実際に悩み、検討している方々が全国のさまざまな支援団体と顔を付き合わせて相談、検討する場がもたれた。支援団体の各ブースには、ひっきりなしに約200名の相談者が訪れた。

サミット事務局長の吉野裕之さんは、「保養、移住の機会である年度が変わる節目のこの時期に、このようなサミットを開催した意味は大きいです。」と語った。

「サミット」2日目の最後には事務局から、「このサミットに参加した団体で、全国協議会をたちあげたい」という提案がなされた。「自主避難者」を支える全国的な体制を作り上げる運動は、震災1周年を前に本格的に動き始めたと言える。(湯本雅典)

動画(YouTube)


Created by staff01. Last modified on 2012-02-14 11:34:24 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について