本文の先頭へ
LNJ Logo 「都教委は上告するな!」高裁勝訴の原告が訴え
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 0317yosei
Status: published
View


「都教委は、上告するな!」高裁で逆転勝訴した原告は、強く訴えた!

 3月17日、都教委に対して要請行動が行われた。(主催:「日の丸・君が代」不当処分撤回を求める被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団)

 この要請行動(参加者40名)は、167名への懲戒処分を取り消した3月10日の逆転勝訴判決を受け、その実行を都に迫る非常に重要な都教委要請行動であり、大地震の影響を受けながらも貫徹されたものであった。

 都への要請は、以下4点。

‥豕高等裁判所第2民事部(大橋寛明裁判長)の判決を受け入れ、最高裁判所に上告しないこと。

■隠亜Γ横劃銘を撤回すること。

10・23通達に基づくすべての懲戒処分を撤回すること。

ぃ隠亜Γ横劃銘に基づく新たな懲戒処分を行わないこと。

これらの要請に対して都側(東京都教育庁教育情報課長)は、「所轄の部署に伝える」という答弁を繰り返すだけであった。

原告らは異口同音に訴えた。

「上からの指示しか許されないような学校運営をいいかげん変えてほしい」「ただ伝えるだけでなく、自分の気持ちとして上に言ってほしい」「学校現場が壊れている、この危機的状況を救うためにも都は上告しないでほしい」

地震の影響のためか、当初予定されていた校長会が行われなかったようで、都も上告するかどうかの発表はしていない。しかし、公立学校の卒業式は進行しており、今年も不起立者は出ている。現場を孤立させないために、上告断念をさらにせまっていく必要がある。

この行動の後2名の参加者が、新宿駅前で自主的に石原都知事の「災害は、天罰」発言を糾弾する宣伝を行った。彼らの手には、それぞれ手作りのポスターがあった。その宣伝には、かなりの人たちが注目していた。このような小さな取り組みからでも、石原慎太郎ではもうだめだ!という基盤を広げていく必要があると感じた。(湯本雅典)

動画(UnionTube)


Created by staff01. Last modified on 2011-03-18 01:00:31 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について