本文の先頭へ
LNJ Logo 非正規の闘いをつぶす改悪であることがはっきりした派遣法「改正」案
Home 検索
 


なかまユニオン井手窪です。
当初は「労働者保護になる」ともてはやされた派遣法「改正」ですが、さにあらず。
非正規の闘いをつぶす、改悪案であることがはっきりしてきました。
龍谷大学教授脇田さんにお越しいただき、闘う当時者が前面に立って、派遣法「改正案」の廃案を求
める集会を開催します。

■こんなの「改正」じゃない!大改悪だ!労働者派遣法の「改正」を阻止するつどい■
◎関東集会
4月25日(日)午後6時
SKプラザ(東京清掃労組会館)

◎関西集会
4月29日(祝)午後2時
エルおおさか(府立労働センター)

 2008年秋から2009年3月にかけて、世界金融恐慌を口実に、派遣労働者や請負労働者など
非正規労働者が大量解雇されました。職を失うと同時に住むところも追われる悲惨な状況は、労働者
派遣法が諸悪の根源であることを誰の目にも明らかにしました。民主党政権は、労働
分野の規制緩和を見直し、規制強化の方向に舵を取るとして、労働者派遣法の改正案を4月2日今国
会に提出しました。
 しかし、この法案は、登録型派遣や日雇い派遣を温存し、「みなし雇用」といいながら派遣先がわ
ずかな期間だけ直接雇用すれば簡単に雇止めできて違法行為の責任を問われることがないという企業
側に立った法案です。これでは不安定な派遣労働はなくなることがなく、現在全国70以上の非正規
労働者の派遣先の雇用責任を問う労働争議を圧殺するものです。
 改正どころか大改悪の派遣法「改正」を許してはなりません。龍谷大学の脇田滋教授に、「常用型
派遣は安定した雇用」「みなし雇用制度は画期的」などのマスコミ論調を斬る講演をしていただきま
す。
派遣法はいじればいじるほど、その毒性を増していきます。改正案を廃案にして派遣法の廃止を要求
する東京・大阪でのつどいにぜひご参加ください。
◎集会プログラム(予定)
1.基調報告
2.龍谷大学教授 脇田滋さん 講演
3.質疑
4.非正規労働者など争議報告
5.集会決議の確認
◎主催団体・連絡先
吉岡さんをパナソニックの職場に戻し、人権侵害・不当な雇止めをなくす会
なかまユニオン Tel 06-6242-8130 Fax 06-6242-8131
首都圏なかまユニオン Tel&Fax 03-3267-0266


Created by staff01. Last modified on 2010-04-15 12:13:05 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について