本文の先頭へ
LNJ Logo 「‘09 このままでええの?! 日本と世界反戦・反貧困・反差別  共同行動in京都」に800名
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1018inkyoto
Status: published
View


秋晴れの京都円山音楽堂
10月18日、秋晴れの京都祇園の円山音楽堂で「‘09 このままでええの?! 日本と世界反戦・反貧困・反差別  共同行動in京都」集会が開かれ、800人が集まった。先の選挙で民主党政権ができ、何かが変わるのではないかという期待が広がるなかで、戦争にしろ、貧困にしろ、差別にしろ何も解決していないことを、音楽も交えながら様々な分野から訴えられ、闘いをさらに継続しなければならないことを確認し、観光客で賑わう夕方の京都の街を市役所までデモ行進した。冒頭、主催者を代表して仲尾宏さん(歴史学者)は40年前のベトナム戦争当時に始まった10.21国際反戦デーを復活して3年目になるが、今も戦争が続き、日本も加担している現状に変わっていないと訴えた。

パンタ・頭脳警察
「俺たちに明日がない」などパンタ・頭脳警察 のライブ

 集会の司会者は 上原公子さん(元八王子市長)と小林圭二(元京大原子力研究所)さんの2人。会はたいへん楽しく進められた。  「俺たちに明日がない」などパンタ・頭脳警察 のライブのあと岡 真理さん (京都大学アラブ文学)が「パレスチナの今」 と題して特別アピールを行った。昨年末から1月まで続いたイスラエルのガザ爆撃による大量殺人は今もガザ市民150万人完全封鎖の形で続いている。マスコミも市民も「大量死」にしか反応しないが、「完全な封鎖の中でパレスチナの人々は「私たちには人生がない」と叫んでいる。世界の無関心の中で「私たちを忘れないで」というパレスチナの叫びを熱く訴えた。

主催者を代表して仲尾宏さん 岡 真理さん (京都大学アラブ文学)
左上 主催者を代表して仲尾宏さん ・右上 岡 真理さん が「パレスチナの今」 と題して特別アピール

 

 纐纈 厚さん(山口大学)が「このままでエエの?日米安保」の題して講演。彼は民主党政権に日米同盟の変革を期待できるのか?と問い、明らかに「ノー」だと答える。その理由は、民主党の戦略は日米同盟の強化であり、アメリカ軍の代替戦力として自衛隊を位置づけている。したがって、小沢一郎の国連中心主義は、オバマの国連を使った戦争(朝鮮戦争がそうだ)を支持することだ。鳩山・民主党政権は過去の侵略戦争の謝罪を曖昧にしている。民主党政権の甘い幻想に乗るな!敗戦直後、昭和天皇はマッカーサーに日米軍事同盟を要請した。その天皇制の解体こそ日米安保の解体である。今こそ市民の手で新しい日本国憲法を議論しようと締めくくった。

纐纈 厚さん(山口大学) 服部良一さん
左上 纐纈 厚さん(山口大学)・ 右上 服部良一さん(衆議院議員)

 つづいて、今度の選挙で衆議院議員に初当選した関西の労働運動出身の服部良一さんが登壇した。衆院選挙後の3党政権合意は、沖縄の米軍基地の見直しを入れるかどうかで最後までもつれた末にその条項を入れさせた。私は衆院で外交委員会に所属し、アフガンを現地視察した。今やタリバンが国土の8割を支配している。一方、日本国民の過半数が「9条を守れ」と言っている。与党として自由にものが言いにくくなったが、皆さんとともに米軍基地のない日本をを実現するよう頑張りたい、と挨拶した。

 その後、「沖縄に基地はいらない」と知花昌一さんが三線を交えて訴えた。以下の団体から訴えが続いた。
  九条ハンマダン
  旧日本軍性奴隷問題の解決を求める全国同時企画・京都実行委員会
  「君が代」処分をただす会
  タウンミーテング不正国賠訴訟
  ストップ・ザ・もんじゅ
  アジア共同行動・京都
  釜ヶ崎日雇い労働組合
  東京から 6・15集会実行委員会
  海外から「 ワールド・ピ−ス・マーチ」

東京から 6・15集会実行委員会
 東京から 6・15集会実行委員会からのアピールを行う石橋上人(日本山妙法寺)
ワールド・ピ−ス・マーチ
ワールド・ピ−ス・マーチ(未来への架け橋)を続ける11人の代表

 最後に、趙 博さんのライブを聞いた後、全員で「インターナショナル」を斉唱した。

 午後5時にデモを円山公園から出発 。多くの観光客でにぎわう四条通〜河原町通を通り、京都市役所前で解散した。

趙 博さん
夜の四条河原町交差点を歩くデモ隊">
写真 上 疲れた参加者を元気にした趙博さん ・ 写真 下 夜の四条河原町交差点を歩くデモ隊

<報告・文・写真 報道部TM>


Created by takaheims. Last modified on 2009-10-19 16:05:11 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について