本文の先頭へ
LNJ Logo 緊急声明 : 労働契約法を廃案へ!(働く女性の全国センター)
Home 検索
 


働く女性の全国センターです。

みなさま
サイバーデモ 呼びかけ

本日は、労働契約法の採択はなかったようです。
先に呼びかけました書面を書き直し各政党に
送りました。

みなさまも、各政党に、一言書き加えて下記に送ってください。
土日が勝負!いっせいにメールを流してください。
将来に禍根を残さないために。


自民党 http://meyasu.jimin.or.jp/cgi-bin/jimin/meyasu-entry.cgi

公明党 https://www.komei.or.jp/contact/index.html

社民党 http://www5.sdp.or.jp/central/inq/inq.html

共産党 http://www.jcp.or.jp/service/mail.html

**********************************

緊急声明
労働契約法を廃案へ! 労働基準法・労働組合法の強化を!

私たちは、働く女性をつなぐ全国組織「働く女性の全国センター
(ACW2)」の声明に賛同し、
下記のように、労働契約法の廃案を強く要求します。

さて今国会で、政府が長期にわたって考案してきた「労働契約法」の審議が始ま
りました。

この法案は、企業が一方的に定めることを慣行としてきた就業規則を「労働契約
」と位置付け、法的な規範を与えるものです。審議の中で、労働者委員が強く問
題視した「解雇の金銭解決」や「労使委員会の活用」は見送られましたが、「就
業規則による労働条件の不利益変更がいつでも可能」という制度は導入されます
。ホワイトカラーイグゼンプションのようにマスコミが大きく取り上げ、世論の
批判を浴びた法案については、政治的判断で取り下げられましたが、「労働契約
法」についてはほとんど情報が行渡っていません。
就業規則は労基法89条により、就業時間、賃金、退職事項、服務規程、出向、
配転、懲戒など広範な労働者の権利義務全般について規定するものです。しかし
就業規則は、「労働組合または労働者の過半数を代表する者の意見を聞く」必要
はありますが、意見がどうであれ、企業側が一方的に作成したものを労基署に届
け出るだけで事足りるのです。

政府案は、第9条で労働条件の不利益変更を禁止しつつも、第10条の但し書き
で?労働者の受ける不利益の程度、?労働条件の変更の必要性、?変更後の就業
規則の内容の相当性、?労働組合等との交渉の状況、?その他の就業規則の変更
に係る事情に照らして「合理的」であれば変更できるとしています。民主党の対
案においても、第5条では「合理的な労働条件の定めがあり、労働者に明示すれ
ば使用者との合意を推定する」、第23条では、「使用者の権利の必要性と、労
働契約の内容が合理的であれば変更可能」と謳っています。労働者の意見が率直
に伝えられると期待することはできません。
政府や野党が示す「合理的」とは、使用者にとっての解釈であって、労働者の意
志や労働実態とは無縁のものになりかねません。

ACW2が就業規則に付いてネットでアンケートを取った結果、就業規則を見たこと
がない人が30%以上、全く見ることができない人が25.2%でした。労働組合が男性
主導であることと非正規労働者の増大により、女性が政策決定の場(団体交渉な
ど)から排除されている現状から、就業規則に労働者の意見が反映されることは
皆無に等しいといっても過言ではありません。

「労働契約法」が成立すれば、一方的な不利益変更が日常茶飯事になることは容
易に想像できます。事実、ACW2が行っている全国一斉のホットラインでも、不利
益変更は正規・非正規を問わず使用者側の当然の権利として行使されている実態
があります。法制化は、労働者の現状を改善することはなく、一層悪化させる可
能性が高いのです。労働者が望んでいるのは、現行の労働基準法・労働組合法の
強化であり、大きな問題を抱えた労働契約法案が、今国会で廃案になることを強
く要望します。



1) 就業規則の不利益変更の実態を知ってください。
労働相談ホットラインでは女性や若者、非正社員の労働条件が就業規則によって
不利益変更された事例が多く寄せられています。
「産前産後の賃金保障が減額され、交通費のカットを提案された。異議を唱えた
ところ、退職勧奨と正社員からパートになれと雇用形態の変更まで迫られた」
「多数労組が、妊娠した女性の意見も聞かず育児休業休暇の除外協定を会社と結
んでしまった」
以上のような労働基準法すら守られていない現状で就業規則変更によって不利益
な労働条件が押し付けられている実態が数多くあります。すでに労働時間の規制
緩和の中で労使対等決定原則の規制が緩和され(全員同意が必要ではなく不利益
変更が可能)女性や非正規雇用の少数意見は黙殺されています。 

2) 労働基準法、労働組合法の強化を提案する。
今、多くの非正社員が職場で孤立しています。安心してユニオンに加入し、意見
を言うためには、
労働組合法の強化が求められます。最近、若者たちが、自らの生存権をかけて「
生きさせろ」とフリーターや日雇い派遣のユニオンを立ち上げ、果敢に企業の競
争原理優先主義に歯止めをかけようとしています。労働契約法は様々なコミュニ
ティ・ユニオンの正当な活動を封じ込め、組合民主主義の機能を停止させかねま
せん。また、労働基準法すら守られていない現状を考えれば、労働契約法は「会
社やりたい放題法案」とも言えるものです。このような労働契約法に反対し、ま
ず労働基準法、労働組合法の遵守を義務付け、法律の更なる強化が必要であると
思います。

3)私の一言

**************************

労働契約法NO! 労働基準法・労働組合法の強化を!
秋の国会キャンペーン実行委員会 賛同人 

現在10月31日  賛同人 19団体 81名

 働く女性の全国センター  北海道ウィメンズユニオン 
 札幌地域労働組合 
 ウィメンズサポート“結”  労働組合 おおだてユニオン 
 女性ユニオンぷらす
 女性ユニオン東京  ふぇみん婦人民主クラブ  女性ユニオン名古屋
 女のユニオンにいがた  女のスペースながおか アジア女性資料センター 
 I女性会議神奈川県本部  遠州労働者連帯ユニオン 
おんな労働組合関西 
連帯ユニオン近畿地方本部  ワ−キングウィメンズとやま 
ワーキングウィメンズヴォイス
 食のいろは

個人 アイウエオ順

 合場敬子 赤石千衣子 安部宝根 石橋弘子 石原豊子 伊藤みどり 
 遠藤智子 遠藤礼子 太田公典 大田久美子 大竹斎子 大竹香奈子 
 奥山たえこ 尾澤邦子 荻野茂子 海妻径子 
 川渕千晶 岸伸子  北浦教子 加藤由美子 金森順子 木越陽子
 菊池弘子 菊池夏野  黒澤清美 近藤恵子 小山洋子 伍賀偕子
 国沢静子 越堂静子    佐藤斎華 佐崎和子 佐々木有美 角田三佳   
小磯妙子  鈴木一  周藤由美子 嶋川まき子 高木真紀子 田中かず子
 但馬けい子  谷恵子 時永裕子  高木澄子  中野布佐子 中野謙司 
 丹羽雅代 丹生秀子 橋野高明 晴山一穂  坂喜代子  東山翠 
 東山薫  広木道子 平川和子 平川景子 藤澤眞砂子  藤井豊味 
 本間節子  松原明 松元千枝 宮諒子 村井恵子 望月すみ江 
 矢谷康子  屋嘉比ふみ子 山野和子 山崎菊乃 湯浅誠 渡辺浩

 その他 匿名 N・K/ Y・M/ N・A/ T・T/ A・O/I・Y / T・M /I・K/T・K/
 M・K/N・H
     Y・K


働く女性の全国センター(ACW2)事務局  伊藤みどり

連絡先 151-0053 東京都渋谷区代々木1-19-7横山ビル
    専用電話 03-5304-7383 fax03-5304-7379
メール  acw2ml@yahoo.co.jp   
URL    http://acw2.org/

Created by staff01. Last modified on 2007-11-02 23:33:06 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について