本文の先頭へ
LNJ Logo 3/20感想その4
Home 検索
 


●3/20日比谷公園・感想〜名古屋T

雨のあとには晴れが来る

氷雨そぼ降る街。 「暑さ寒さも彼岸まで」のはずなのに、東京の予報は「雨または“雪”」。 電光掲示版に示された気温は4度。 吐く息は白く、時折強くなる雨が激しく傘を打つ…

イラク戦争1周年となった3.20は、こんな一日でした。 集会で発言に立った多くの人々が、この雨を、大義なき戦争のため無益に流された、 イラク市民の涙に例えていたのが印象的でした。 しかし、集会参加者の言葉を借りれば、「雨のあとには晴れが来る」のです。

集会終了後、2時からはデモ行進に移り、日比谷公園から出発しました。 若者たちが考えた掛け合いコールが繰り返される中、占領集結・占領軍撤退を訴えな がら歩きました。にぎやかなコールに沿道の注目度も上々。私たちの前を歩き、ひと あし先に流れ解散となった人たちが、帰りの道すがら、「せんそうはんたい」「自衛 隊撤退」など、工夫を凝らしたプラカードや傘をリズムに合わせて掲げながら声援し てくれているのがわかり、また勇気づけられます。 私たちのデモが終点の公園にさしかかった頃には雨も上がり、あんなに寒くてたまら なかった私の全身が熱気に支配されているのがわかりました。

1時間の楽しいデモ。終了後には心地よい疲れだけが残りました。 この心地よい疲れには、スペイン情勢の好転もあったように思います。スペインで 「戦争屋」アスナール首相が退陣させられたように、今イラク情勢の「天気図」も雨 が上がり、光が差し始めようとしています。

地方からの上京者の目で見ると、東京・大阪以外で数万人規模のデモというのはほと んど考えられないだけに、よく集まったものだと感心します。参加者の熱意も高く 「寒いから帰る」などと軟弱なことを言う人はどこにも見あたりませんでした。改め て、イラク戦争の残虐さと、それにうち続く非道な占領支配への怒りの強さを感じま した。 労働組合、市民団体、老若男女入り乱れ、有象無象が結集してきている感じを敵に与 えることができたのではないでしょうか。

解散場所の公園では、「あとの人のために主催者は直ちに解散を指示してください」 などと、公安から「秩序維持のための有意義な助言」をいただきました。(^^;; 相変わらず威圧的で、何か起きたらビデオ撮影して告発する覚悟でしたが、幸い私の ビデオカメラがその用途に使用されることはありませんでした。 「桃色ゲリラ」も見つけることができなかったけれど、占領集結へ向け、確かな足跡 を記すことのできた有意義な1日行動だったと思います。

*レイバーネット日本・メーリングリストより


Created bystaff0 and Staff. Created on 2004-03-21 10:50:48 / Last modified on 2005-09-05 03:25:45 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について