本文の先頭へ
LNJ Logo 今、表現の自由を問う─九条俳句事件から10年(埼玉大学)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1715840277157st...
Status: published
View


2024/06/29 今、表現の自由を問う─九条俳句事件から10年(埼玉大学)

九条俳句事件から10年。上告棄却、東京高裁勝訴判決確定から5年。あらためて、この17
文字の持つエネルギーと訴訟の意味や役割を今の社会に考えてみます。
そして今こそ社会教育や公民館活動の活性化を市民で再獲得、真の「表現の自由」を私た
ちのものにしましょう。どうぞどなたもご参加ください。

日 時 2024年 6月29日(土)13:00〜16:30
場 所 埼玉大学教育学部C1講義室
〒338-8570 埼玉県さいたま市桜区下大久保255
主 催 九条俳句訴訟を今につなぐ市民の会
後 援 さいたま市/さいたま市教育委員会/日本社会教育学会/日本公民館学会/
社会教育推進全国協議会/表現の自由を市民の手に全国ネットワーク
参加費 800円 学生・障害者無料(終了後ミニ交流会があります)

第1部〉10年のあゆみを振り返る
ビデオ上映〈九条俳句事件闘争小史〉
弁護団、応援団、作者からのスピーチ
記念講演 佐高 信さん(評論家)
「反戦川柳人 鶴彬〈つる・あきら〉と九条俳句事件」

〈第2部〉表現の自由を巡る各地の取り組み
コーディネーター
●石川智士さん《元九条俳句訴訟弁護団》
パネリスト
●神田香織さん《講談師:ヒロシマ、はだしのゲン、群馬の森から何を》
●溝口一郎さん《九条の会・ちがさき:茅ケ崎市の後援拒否問題で横浜地裁提訴》
●米山義盛さん《飯田市平和祈念館を考える会》
●武内暁さん《九条俳句市民の会:表現ネットの今後は 》
●会場から(各地からの報告)/アピールなど

九条俳句訴訟を今につなぐ市民の会(略称:九条俳句市民の会)
連絡先:武内090-2173-0824 江野本 woman@hat.hi-ho.ne.jp
〒338-0824 埼玉県さいたま市桜区上大久保689-1-203 武内 気付
TEL 090-2173-2591 MAIL takeuchi-one.123@docomo.ne.jp
振込先:ゆうちょ口座 00150-7-634494 「九条俳句」市民応援団

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について