本文の先頭へ
LNJ Logo アバサー汁
Home 検索
 


●レイバーネット日本<コラム>  アバサー汁

 仕事がらみで5月6月と2回沖縄に行った。沖縄行きは生まれて初めて。青 い海と空のイメ─ジを抱いていたが、あいにくの梅雨時で湿度150パーセン トと言ってもおおげさではないほどの蒸し暑さとスコ─ルのような激しい雨。 亜熱帯の自然を膚で感じた。
 那覇の公設市場では、一階の市場で選んだ魚を二階の食堂で食べさせてくれ る。赤や青の色鮮やかな魚は新鮮でおいしい。その食堂のメニューにアバサ─ 汁というのがあった。1500円でメニューの中では最高級。連れの仲間は誰 もアバサー汁が何かを知らない。冒険のつもりで注文した。出てきたのは魚の 味噌汁だった。身はフグに似てあっさりしているが、汁にだしが良く出ていて おいしいことこの上なし。どんぶり一つきれいに平らげた。ここまでは良かっ たのだが、話はこの後から。食べおわるとどうも舌が痺れているような感じが する。それも徐々に強まっているようで、何かおかしい。お店の人に魚の名を 聞くと針センボンだと言う。針センボンはフグと同じく猛毒で知られた魚。そ うするとこの舌の痺れはその毒のせいか。この毒が全身にまわれば、ひょとし て死んでしまうかもしれない。もう土産店を見る精神的な余裕も失せ、ひたす ら舌の次にどこが痺れてくるのかに全神経を集中させた。でもアバサー汁を飲 んで中毒死したという話は聞いたことがない。しかしここは沖縄、東京までそ んなニュースは届かないのかもしれない。などと頭のなかは妄想がかけめぐる 。その後半日は生きたここちがしなかった。運よく全身に毒がまわった気配も なく、無事東京に戻っが、アバサー汁を初めて飲む方は、どうぞご用心。

佐々木有美


Created byStaff. Created on 2005-09-04 20:40:41 / Last modified on 2005-09-04 20:40:41 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について