本文の先頭へ
LNJ Logo 木下昌明の映画の部屋
Home 検索
 


●二つの“特攻隊もの”について

『俺は、君のためにこそ死ににいく』『TOKKO 特攻』

pdfファイルで提供しています。こちらからダウンロードできます。

*この批評は、月刊「東京」の連載「映画から見えてくる世界」(第13回)に掲載されたものです。月刊「東京」では、定期購読を呼びかけています。こちらへ


Created bystaff01. Created on 2007-09-22 11:01:42 / Last modified on 2007-09-22 11:06:08 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について