本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:イーランド12店舗抗議闘争
Home 検索
 


「公権力投入糾弾」イーランド12店舗抗議闘争

ニューコア坪村店、警察の鎮圧棒で殴られ一人が負傷

チェ・イニ記者 flyhigh@jinbo.net / 2007年07月20日18時50分

今日午前、イーランド-ニューコア占拠座込み場2か所に公権力が投入されたこ とに関連し、民主労総の組合員たちが全国12の地域にあるイーランド流通店舗 で抗議闘争を展開した。抗議闘争の対象となった店舗はほとんどが警察により 封鎖され、営業が中断した。

▲ニューコア坪村店の前で開かれた公権力投入糾弾集会で1人の女性労働者が警察の鎮圧棒にあたり病院に送られた。

座込み場公権力侵奪を糾弾する闘争は、緊急に組織されたにもかかわらず各地 で数百人の民主労総組合員が集まってイーランド会社側を糾弾した。午後1時 からニューコア坪村店前で開かれた糾弾集会には、約300人の労働者が集結し た。正門をふさいだ警察と対峙して一人の女性労働者が警察の鎮圧棒で頭を殴 られ、緊急に病院に搬送される事態も発生した。

ニューコア坪村店に入居しているテナントの事業主数人が集会隊伍の中に入っ て強く抗議したが、警察側はこれを傍観したり事業主を保護する過程で衝突が 起き、集会開始時間が多少遅れることもした。

その上、集会の真っ最中にニューコア坪村店屋上から水が入ったビニール袋が 投げられ、参加者から激しく抗議された。水袋でも、高いところから落とされ ると大きな破壊力を発揮することを考えると、当たった人の命が危険なほどの 危ない瞬間だった。集会参加者の激しい抗議で警察側が集会主催側代表ひとり を同行して店舗内に入り、屋上に通じる扉を封鎖した。

この日の集会で民主労総のペ・ソンテ京畿本部長職務代行は「今回の公権力投 入で、政府は資本と一体であることを見せてくれた」とし「今、すべての労働 者が戦いを宣言する時」と話した。

クォン・ミジョン京畿本部副本部長は「公権力が投入された時点からイーラン ド資本との闘争を越えた」と話した。クォン・ミジョン副本部長は「これまで 労働部には数えきれない程非正規職法の是正を要求し、政府が言う通りの『保 護法』なら、少しはまともに適用してみろと主張してきた。だが、盧武鉉政府 は今朝、公権力投入で答えた」、「今や私たちが資本と政権に対する闘争で 答える時」と声を高めた。

ニューコア坪村店前の闘争に参加した労働者は、明日(21日)の全国イーランド 店舗打撃闘争を決意して集会を終えた。解散前に店にタマゴを投げ、抗議表示 をした。

今日、緊急に抗議闘争が行われたイーランド店舗は、ホームエバー始興店、 ニューコア坪村店、ホームエバー・クウォル店、ホームエバー天安店、ホーム エバー全州店、ニューコア順天店、ホームエバー蔚山店など12か所で、散発的 な売り場進入と占拠、決意大会、記者会見などが進められた。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンス:営利利用不可・改変許容仮訳)に従います。


Created byStaff. Created on 2007-07-22 03:01:53 / Last modified on 2007-07-22 03:01:53 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について