本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:「連帯基金案」撤回要求にも…民主労総中執、既存案を固守
Home 検索
 


「連帯基金案」撤回要求にも…民主労総中執、既存案を固守

活動家千人、約30団体が民主労総連帯基金案撤回要求連名署名

パク・タソル記者 2020.06.27 16:11

民主労総内外の活動家が集まって 「民主労総の賃金譲歩に基づいた連帯基金案撤回」を要求している中、 民主労総中央執行委員会はこれまでの中執決定を固守する会議の結果を出した。 一部の中執委員が「連帯基金案」の撤回と 「コロナ危機克服労使政代表者会議」の中断を主張したが、受け入れられなかった。

連帯基金案撤回要求共同立場書には約1000人の活動家と約30の団体が連名署名した。 彼らは民主労総が今年の賃上げ分で連帯基金を造成し、 非正規職と脆弱階層の支援に使おうと提案したが、 これは深刻な誤りを内包していると批判して、 この問題を議論するために臨時代議員大会を開くよう強く主張した。 実際に旭非正規職支会、ドンヒオート社内下請支会、現代車非正規職支会など、 非正規職当事者も連名署名に名前を連ねて連帯基金案に反対し始めた。

6月26日に完成した共同立場書は民主労総の中執に伝えられる予定だったが、 事前に報告されない宣伝ビラだという理由で回収され、 中執委員に直接伝えられなかった。 今回の連名署名に参加したある活動家は 「千人もの民主労総組合員の署名が入った要求を報告されていない文書だという理由で回収したのは暴挙」とし 「会議の傍聴さえ拒否して非正規職組合員を追い出したが、 民主労総は代議員大会を開いて開かれた空間でこの問題を議論すべきだ」と明らかにした。 左派の単位らは連帯基金案に対する問題提起のために共同議論を続ける予定だ。

26日、「コロナ危機克服労使政代表者会議対応の件」を議論するために開かれた民主労総中執では、 連帯基金案をはじめとして進展しない労使政代表者会議に対する批判の世論が提起された。 地域の本部長らは政府と経済人総連が交渉中、立場の変化がないという点を上げて、 労使政代表者会議を中断すべきと主張した。 また連帯基金案を削除すべきだという産別労組もあったことが確認されている。

だが今回の中執では労使政代表者会議への対応に関して 従来の民主労総中執案を維持すると整理された。 民主労総のキム・ミョンファン委員長はすでに民主労総が中執を経て発表した要求案だけに、 修正できないという立場を明確にしたという。

民主労総は会議直後の6月26日午後に中執ブリーフィングを発表し、 民主労総は3大核心議題(▲解雇禁止と生計所得保障▲全国民雇用保険制▲傷病手当)に対する 政府と使用者の消極的態度を強力に糾弾することにしたと発表した。 この外には、週末から始まる集中交渉で民主労総の核心議題を強く要求し、 具体的な結論を導くために6月末まで最善を尽くすといった。

▲23日民主労総は労使政対話ブリーフィングを開いて6月末まで社会的対話合意案を作るのに最大限努力すると明らかにした。[出処:キム・ハンジュ記者]

一方、5月20日に稼動を始めたコロナ危機克服労使政代表者会議は6月末までに結果を導こうとしたが、立場の差を繰返しているだけだ。 10回余りにわたる実務協議会をはじめ、 代表級および副代表級会議を続けてきたが、 間接雇用および下請雇用維持対策、雇用維持のための労使の役割、 傷病手当て、非対面診療、賃金体系改編、弾力勤労制拡大など、 主要な事項ごとに労使が鋭く対立している。

特に財界は弾力勤労制拡大など、災害状況とは関係がない労働改悪を要求しており、 特殊雇用労働者の雇用保険適用などのコロナ脆弱階層のための政策に強く反発している。 民主労総が6月18日に賃上げ分を使った連帯基金案を提案して一歩退いたが、 財界は「賃上げ分もどうせ使用者側が出す金」だとし、提案も拒否した。 政府も予算の負担を理由に、労働界の要求に対して曖昧な態度を取っている。 労働界が強く要求する雇用保険財政拡充方案に対して具体的な方案を提示していない。 締め切り期間が目の前に近付き、副代表級会議が週末まで続いているが、 主要争点で意見の相違を狭めることは容易ではなさそうだ。

〈民主労総の賃金譲歩に基づいた連帯基金案撤回を要求する共同立場書〉連名団体および個人

[組織連名] (省略:原文参照)

[労働組合各級組織代表者] (省略:原文参照)

[民主労総加盟傘下組織幹部および組合員] (省略:原文参照)

[政党党員労働社会団体会員個別活動家] (省略:原文参照)

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2020-07-02 18:41:55 / Last modified on 2020-07-02 18:41:56 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について