本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:料金所労働者を大挙連行…政府、鎮圧水位を上げるか
Home 検索
 


料金所労働者を大挙連行…政府、鎮圧水位を上げるか

民主一般連盟幹部も連行

キム・ハンジュ記者 2019.11.08 16:43

▲連行される民主一般連盟カン・ドンファ事務局長[出処:民主労総世宗忠南本部]

警察が青瓦台の前で文在寅(ムン・ジェイン)大統領との面談を要求する 料金所労働者たちを大挙連行した。

民主労総民主一般連盟によれば、 料金所労働者約100人は11月8日午後2時、 青瓦台の前で集会を開き、料金所大量解雇事態の責任を問い、文大統領との面談を要求した。 警察は午後3時50分頃に連行を開始、労働者13人を連行した。 連行者には民主一般連盟カン・ドンファ事務局長も含まれた。

労働者たちは午後4時30分の現在まで、 大統領面談を要求して警察と対峙している。

労組の関係者はカン事務局長は鍾路警察署、 あとは江南警察署、広津警察署などに移動したと明らかにした。 負傷者は把握できなかったと伝えた。

[出処:民主労総世宗忠南本部]

先立って料金所労働者1500人は7月1日に集団解雇された。 韓国道路公社が料金所労働者に子会社転籍を強要したが、 労働者たちがこれを拒否して直接雇用を要求したためだ。 大法院は8月に料金所労働者が韓国道路公社職員であり、 解雇者1500人を直接雇用しろという趣旨で判決した。

[出処:民主労総世宗忠南本部]

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2019-11-13 17:03:27 / Last modified on 2019-11-13 17:03:28 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について