本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:料金所労働者、イ・ヘチャン代表室占拠…青瓦台前で衝突
Home 検索
 


料金所労働者、イ・ヘチャン代表室占拠…青瓦台前で衝突も

韓国道路公社本社占拠59日…政府は黙々無返答

キム・ハンジュ記者 2019.11.07 16:48

▲警察が11月7日青瓦台の前で料金所労働者の集会を妨害している。[出処:ペク・スンホ]

料金所料金受納労働者は11月7日午後2時、 共に民主党のイ・ヘチャン代表世宗市事務室と 国土交通部の金賢美(キム・ヒョンミ)長官一山事務室を占拠した。 同時刻、料金所の労働者が青瓦台前で集会を開く過程で警察が物理力を行使し、 労働者2人が頭に怪我をして病院に運ばれた。

民主労総民主一般連盟は報道資料で 「(子会社関連の)何の合意もなかったのに、 国土部の金賢美長官は 国会議員の前で料金受納業務は子会社に転換する合意があったと偽りの証言をした」とし 「1500人の集団解雇から5か月経っても 執権与党の代表(イ・ヘチャン)は事態を傍観していた。 決定的に、韓国道路公社の李康来(イ・ガンネ)社長は 『自分は決定権限がなく、国土部と執権与党、青瓦台に言われたとおりにした』 と告白した。 不法派遣と子会社転換という暴力の痕跡が全身にアザと傷として残っている。 料金徴収員は金賢美と イ・ヘチャンに事態解決を問う。 そして大統領との面談を要求する」と明らかにした。

▲11月7日、料金所労働者が青瓦台の前警察の力の行使で怪我をして応急移送された。[出処:ペク・スンホ]

現在、イ・ヘチャン代表と金賢美長官の事務室で 料金所労働者各10人が占拠座り込みを行っている。 占拠は無期限で進められると民主一般連盟関係者は明らかにした。

同じ頃、料金所労働者数十人が青瓦台への進入を試みたが、 警察が物理的に阻止したため衝突が発生した。 民主一般連盟によれば、警察の暴力により労働者2人が頭に怪我をして江北サムスン病院に移送された。 集会直後、労働者たちは世宗文化会館前にテントを設置して座り込みに突入した。 59日続いている韓国道路公社本社占拠闘争に続いて、 文在寅(ムン・ジェイン)大統領の責任を問う光化門拠点闘争を進める計画だ。

大法院は8月に料金所労働者が韓国道路公社職員であり、 7月に解雇された料金徴収員1500人を直接雇用しろという趣旨の判決を出した。 だが、青瓦台側は 「料金受納業務はなくなる職業」と発言するなど、 料金所の直接雇用を傍観していると批判されている。

▲料金所労働者たちが11月7日世宗市イ・ヘチャン共に民主党代表事務室を占拠した。[出処:民主労総民主一般連盟]

▲料金所労働者たちが11月7日高陽市金賢美国土部長官事務室を占拠した。[出処:民主労総民主一般連盟]

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2019-11-13 00:37:01 / Last modified on 2019-11-13 00:37:02 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について