本文の先頭へ
LNJ Logo 韓国:用役暴力、警察の庇護 現代重の3分間株主総会
Home 検索
 


用役暴力、警察の庇護で行われた現代重の3分間株主総会

警察の盾に押されて労働者1人が靭帯破裂

キム・ハンジュ記者 2019.06.04 17:41

▲ある人物が労働者に向かって椅子を投げている。[出処:金属労組現代重工支部提供]

現代重工が物的分割のための株主総会を3分で強行採決するにあたり、 用役の暴力、警察の庇護があったという事実があらわれた。

現代重工は5月31日午前11時10分、 蔚山大学校体育館で臨時株主総会を開き、 物的分割の議案を通過させた。 労組は物的分割が構造調整の踏み台用意、 財閥の私益を詐取すると反対してきた。

チャムセサンが金属労組現代重工支部から入手した映像によれば、 臨時株主総会は「3分」で終了した。 議長は物的分割案件(1号議案)の内容も説明しなかった。 議長は「提案説明、討論が不可能な状況なので 議案説明書の内容で替えることにして直ちに採決に入る」と話した。 この時、金属労組現代重工支部の労働者たちが株主総会場の建物の外に到着し、 裏門から進入を試みていた。 映像の中で用役は労働者に向かって椅子などを投げ、労働者の進入を防いだ。 労組の関係者は 「用役は椅子を投げるばかりでなく、 私たちに粉末消火器を噴射した」とし 「組合員たちは消火器を持っていなかった」と話した。

一方、同じ時刻に株主総会正門側では警察の暴力が発生した。 株主である労働者は正門側から委任状を持って株主総会に入ろうとしたが、 警察が物理力で防いだ。 労組によれば、労働者の1人がこの日の株主総会で警察の盾で押され、 大腿部靭帯破裂という重傷を負った。 この日、怪我をした労働者は5人に達する。

▲警察が蔚山大体育館進入を試みる労働者を物理力で制圧している。[出処:金属労組現代重工支部]

用役と警察が労組に暴力を行使する間、 大株主2人だけが起立して賛成株式数を報告、 議長は「(分割計画書承認の件が)出席議決権 3分の1以上で可決したことを宣言する」とし議長棒を3回たたいた。 残りの理事選任の件まで通過させるのに4分もかからなかった。 用役暴力、警察庇護の下で「かっぱらい株主総会」が起きたわけだ。

ハンマウム会館前で労働者を足止めし「違法性議論」

現代重工は当初この日の午前10時にハンマウム会館で株主総会を開くことにしていた。 だが午前10時35分頃、株主総会時間と場所を午前11時10分から 蔚山大学校体育館に変更したと奇襲的に発表した。 労働者たちがいたハンマウム会館から変更された場所に到達する時間は30分。 労働者が物理的に到達できない距離だ。

この日、現代重工自社株組合のムン・デソン組合長は電話と携帯メールで、 使用者側に何度も株主総会場所と時間を知らせてくれと言ったが、 使用者側は知らんふりを続けた。 ムン・デソン組合長が通話で 「株主総会どこでするのか」と株主総会進行をする使用者側関係者に尋ねると、 使用者側関係者は「あ、はは…。はい。切ります」といった。 使用者側関係者はこの日の午前8時35分から午前11時48分まで、 組合長の電話を受けなかった。 自社株は221万株で全体株式の3.13%に達する。

▲ムン・デソン自社株組合長の携帯メッセージおよび通話内訳[出処:金属労組]

[出処:金属労組]

▲ハンマウム会館の近くの「株主搭乗車両」と書かれたバス. [出処:金属労組]

また使用者側は現代重工会社の前に「株主搭乗車両」を配置し、 株主の労働者がバスに搭乗すると「移動は勝手にしろ」という態度を見せた。 金属労組が公開した映像によれば、労組の関係者が 「株主総会変更が公示されたので、私たちが移動しなければならない」と話すと、 使用者側の株主総会進行要員は「乗ればいい」、 「安全に迎えに来たことまでが私たちの役割」、 「そのまま乗って待て」とだけ話した。

民主労総法律院は 「大多数の株主は株主総会場所や時間をきちんと通知されず、 当然、株主総会に参加することもできなかった」とし 「特に自社株組合を通して約3%の株式を保有した現代重工労働者たちは、 今回の株主総会で意見表明どころか出席さえできなかった。 このように株主の自由な出席さえ保障されない株主総会は、 決して適法とは言えな。 違法な株主総会で通過した案件も有効ではない」と明らかにした

労組は6月4日、株主総会無効を要求して7時間の部分ストを行った。 6月5日には4時間の部分ストを行うなど、現場闘争を強化する計画だ。

一方、金属労組大宇造船支会もまた6月3日から大宇造船海洋の売却に反対して 現代重工現場実態調査阻止のための正門封鎖闘争を行っている。

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)
著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。


Created byStaff. Created on 2019-06-10 10:36:43 / Last modified on 2019-06-10 10:36:44 Copyright: Default

関連記事キーワード



世界のニュース | 韓国のニュース | 上の階層へ
このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について