本文の先頭へ
LNJ Logo レイバーネットTV感想 : 天笠氏の「免疫力」の話には大いに力づけられた
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 0612kanso2
Status: published
View


●視聴者からのたより

 6月12日のレイバーネットTV〈天笠啓祐さん「新型コロナワクチン」のヤミに迫る〉を興味深く視聴しました。天笠氏(写真)の仰った「免疫力」の話には大いに力づけられました。

 私たち夫婦(共にリタイアの70代)は、コロナ禍騒動の当初からワクチン拒否を貫いて きました。ついでにインフルワクチンも2020年以降は止めましたが、コロナはおろか風邪一つ引いておりません。

 限られた親しい人たちには、コロナワクチンへの疑問を素人なりに述べましたが、ほと んどのひとは聞き入れてくれませんでした。

 数度の接種を受けた重い基礎疾患を持つ友人夫妻には副作用はありませんでした。ひど い副作用(高熱、腕が腫れる)が出た友人は、当然二回目はやめました。障碍のある友人 は副作用がなくても二度目はヘルパーさんのアドバイスでやめました。職場での圧力で仕 方なく接種した親戚の親子は、その後二人ともコロナに罹患しました。こうして、その結 果は一様ではありませんでした。

 私が、ワクチンとマスクを強制する同調圧力を、ファシズムのようだと言ったことに反 発した友人とは、その後も仲良く付き合いは続いていますが、その話はタブーになりまし た。

 悪政と無責任を隠蔽する政府があり、それに加担するマスコミがあります。共に許しが たく、新聞に投稿しても(拙劣さは別としても)一向に取り上げてもらえません。反軍拡 や反戦の投稿は目にしても、反ワクチンの投稿掲載は皆無です。あれだけワクチンの政府 広報を掲載していれば、むべなるかなですが。保険証との一体化は反対しても、マイナン バーカードそのものを根底から否定することがないのは同根です。

 日本の劣化はマスコミの劣化とパラレルに、互いに拍車をかけ合うように急激にすすん でいます。

 司会者が「まとめ」で強く求めていた、真のジャーナリスト魂をもった記者たちがマス コミから立ち上がることを、諦めることなく私も望みたいのです。(H)

アーカイブ録画(80分)


Created by staff01. Last modified on 2024-06-17 09:35:38 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について