本文の先頭へ
LNJ Logo 東京東部労組:小林洋社長糾弾!11.20フソー化成社前集会
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1700550992153st...
Status: published
View


みなさま

全国一般東京東部労組の菅野です。

11/20、東部労組は「東部けんり総行動」の一環としてフソー化成社前抗議集会を実
施しました。

以下、報告です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「いっしょに声を上げよう!いっしょに闘おう」職場の労働者に呼びかけ
「私たちの仲間である北澤さんに手を出すな!」地域の仲間70人が怒りの訴え


フソー化成・小林洋社長は東部労組・北澤組合員に対し昨年12月20日から現在まで、
業務を取り上げて無意味な「学習」を押し付けて工場内での「座りっぱなし」を強いると
いう不当労働行為を1年近くに渡って続けています。

卑劣な不当労働行為に屈することなく敢然と闘い続ける北澤組合員は11月20日、スト
ライキを決行し、東部労組も加わる「東部けんり総行動」の一環として会社前での抗議行
動を実施。東部労組各支部・組合員、地域の労働組合など行動に集まった70人を超える
仲間が北澤さんとともに怒りの声を上げました。

北澤組合員は小林洋社長による不当労働行為の経過・それに対する怒りをあらためて表明
するとともに、「社長がやっていることは本当に正しいことでしょうか。みなさん、いっ
しょに声を上げてください。いっしょに闘いましょう。社長のやっていることは間違って
います。今日も私のために多くのの仲間が声を上げてくれています。いっしょに声を上げ
ましょう。社長の報復が怖いなら、我々が守ります。社長のやっていることは間違ってい
る、と労働者は声を上げていいんです」と、フソー化成で働く労働者に向けて真剣に呼び
かけました。

北澤組合員の真剣な訴えをうけ、結集した労働組合の仲間からも小林社長糾弾・職場の労
働者への呼びかけが続きました。

JHUの仲間は「小林社長は絶対に許せない」と抗議。ALS(筋萎縮性側索硬化症)を
発症しながらも労働運動を力強く闘っている葛飾区労協・三浦議長は「私たちの仲間であ
る北澤さんに手を出すな!北澤さんは私たちの大切な、大切な仲間だ。その仲間に手を出
す小林社長を絶対に許さない!地域の労働組合が許さない。全ての労働組合が許さない!
」と全身全霊で訴えました。
さらに三浦議長は、職場の労働者に向けても「職場の仲間のみなさん、北澤さんに力を貸
してください。私たちは必ずみなさんを守る、北澤さんを勝たせる。労働組合の力を信じ
てください!」と呼びかけました。

東部労組各支部を代表し、デイベンロイ労組支部の井桁組合員は「小林社長!賃金を支払
っているからといって労働者をいじめていいというわけではないんだ!絶対に許さないぞ
!」と怒りの抗議。

フソー化成の社前には「小林社長ふざけるな!」「人権侵害の不当労働行為をやめろ!」
「仲間を守るぞ!」「労働組合で闘おう!」とのシュプレヒコールが響き渡りました。

最後に北澤組合員が「仲間のみなさんの力が集まってきて、負ける気がしない。私がやっ
ていることは間違っていない。勝つまで、社長を謝らせるまでがんばります!」と決意表
明。力強い団結ガンバローで集会は締めくくられました。

11月29日には東京都労働委員会(都労委)で審問(証人尋問)が行われ、小林洋社長
が証人として出廷します。組合は都労委での闘いでも小林社長を追及していきます。

不屈に闘う北澤組合員へのご支援・激励をお願いいたします!

■参照ブログ記事
https://blog.goo.ne.jp/19681226_001/e/075bea76a0b4b69a70fcd8e7e8933f7f

Created by staff01. Last modified on 2023-11-21 16:17:05 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について