本文の先頭へ
LNJ Logo 経産省前脱原発テント日誌(4/7)/川内テントの江田さんがみえた
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1617859296365st...
Status: published
View


テント日誌4月7日(水)版経産省前テントひろば1807日後
川内テントの江田さんがみえた 4月1日(木


今日は春というより、日中は初夏のような 陽気セッテング終了直後に八王子のKさんがいつもの、諦めないお煎餅ではなく、桜カス テラを差し入れて頂きました。その後だんだん、座り込みの人数が増えて用意した椅子は 満杯に、スタンディング者が3人にもなるほどの盛況でした。 体調がいまいちの、準レギュラーOさんが久しぶりに来られて、常連の皆さんと歓談とて も楽しそうでした。また先月より来て下さる吉良さんのサポーターお二人さんは、ここは とても座り心地が良いと言って撤収時間まで座り込んでくれました。一昨日来た川内テン トの江田さんが今日も来られましたので、今日はどうしましたかと聞きますと、火曜日当 番のOさんとここで待ち合わせと言って、最後まで座り込んでくれまして、その後は何処 かへ行かれました。 私は撤収後18時からの外務省前での「ミャンマーの平和と民主主義を求める集会」「日本 政府に国軍の暴力を止めるための具体的な行動を求めます」に参加して(200名)、そ の後は首相官邸前で行われた「辺野古新基地反対」の集会に参加した(100名)。   (Y・R)
高校生や大学生のアピール活動があり 4月2日(金)

少し遅れて経産省前に行くと末に椅 子や幟旗が設営されていた。しかし、普段と違うところは高校生や大学生が6人プラカー ドを胸に掲げ何かアピールをしている。地球温暖化に対策を‼ 大人は若者の未来を壊す な‼ とパイクアピールをしている。石炭火力はいらない。エネルギー政策を変えろ‼と 必死になって訴えている。そして、カメラを構えたテレビクルーが数社撮影をしている。 経産省の前でマイクアピールをしているのでイロハネットのメンバーは少し控え目に旧郵 政省よりに椅子をセットしている。メディアの人に何時までやるの?と聞いたら、1時ま でというので、それまで椅子に座りじっと主張を聞いていた。 1時を回って終了したので、椅子をいつもの場所に移動してみた。その後も若者は暫くメ ディアにインタビュー攻めにあっていた。メディアから解放されたその中の一人の女性が 近寄ってきて訊ねてきた「毎週やっているんですか?何時まで座り込みをするんですか? 」と言うので金曜日は1時から5時までだよ。もう10年続けているよ。」と返した。彼ら は場所がダブってしまうので困った顔をしていた。そこで別館の場所を教え、あちらでも できるよと教えてあげた。  暫くして2週間頬前にやって来た青年がまた姿を現し、反原連のことを聞いてきた。反 原連は活動を休止すると言っているがおそらくもうやらないんじゃないかな。と伝えたら 、ここは続けるのですかと言うので原発を止めるまではねと答えておいた。ここは抗議し ないのですか。と言うので5時から1時間やって言うので興味があったら見においでと言っ ておいた。  日中は日差しもあり今日はカッターシャツの上にカーデイガンといった薄着で来た。日 中はこれでも暑いぐらいだったが陽が傾きだすと寒くなり、やや後悔した。金曜日は3時 ごろからイロハネットのメンバーがミーティングに出かけるが、今日はミーティングがな くなったのでそのまま座り込んでくれた。座り込んだ人が一杯で椅子に座り込めなくなっ た。スタンディングの人も何人かいた。   (S・S)
中川秀直元自民党幹事長が「原発再稼働は犯罪的。亡国の政策だ」! 4月2日(金)
 座込みの後チラシ撒き。応援の男性からの受取が良く約30セットがすぐはける。5時 から経産省抗議行動。経産省も資源エネルギー庁も大嘘つきだ、老朽原発うごかすな、エ ネルギー基本計画に原発ゼロを書き込め、核のゴミを増やすな、再稼働反対、…のコール で開始。大飯・高浜PWRのアキレス腱「蒸気発生器」のトラブル多発、福井県知事・県 議会への老朽原発うごかすな運動、エネルギー基本計画「意見箱」への意見提出、なぜ原 発を止めないのか、総ての原発を直ちに廃炉に、…のアピール。「座り込めここへ」「原 発はいらない」「ああ福島」の歌。いつまでも私たちは訴え続けるぞ! それにしても原 発推進派だった中川秀直元自民党幹事長が「原発再稼働は犯罪的。亡国の政策だ」と声を あげているという毎日新聞の報に驚いた。私たちの日頃の主張を中川氏が繰り返している のだ。現役の自民党議員や経産省役人たちも早く目を覚ましてほしい。(https://mainic hi.jp/articles/20210402/dde/012/010/017000c)片づけはMoさんとMiさんとで済ま す。ちょっと一杯にはRaさんも。 (K.M) 

「まんぼう」なんて効果あるの(?)4月3日(土)

深夜の宴会の聖地と言われる(違うよね)ここ霞ヶ関は若葉に溢れていた。 今年の新緑は素晴らしい色合いでどんな花にも引けを取らない。吉良よし子さんのサポー ターだというお二人が最後まで座り込んでくださった。Fさんのお知り合いのFさんとい う方が500mlのミネラルウォーターを沢山差し入れてくださった。冷たい水が美味しく、 のどの渇きをいやしてくれた。もうそんな季節。 ベビーカーが目の前を通り過ぎた。小 さな女の子が微笑んでくれた。お母さんが「ご苦労さま」と言ってくれた。春の風が通り 過ぎていった。 〇ミャンマー ドイツの総合印刷企業「ギーゼッケ・アンド・デブリエント」は3日まで に、ミャンマー政府への紙幣の印刷システム技術や原材料の供与を停止したと発表した。  日本政府は在日ミャンマー人でつくる団体などが提出していたミャンマーへの対応を巡 る公開質問状に対し「制裁を含む今後の対応については事態の推移や関係国の対応を注視 し、何が効果的かという観点から検討する」と回答した。 〇『まんぼう』は安倍・菅政権に相応しいふざけた雰囲気があるのは思い当たることでも あるのかな。「漫然と防ぐ」、「漫然と呆然と」という意味なら『まんぼう』が相応しい 。呼び方はどうでもいい。我も我もと『まんぼう』と言わないというが、それってさ、も う打つ手なしということではないの。 〇止めれない止まらない(^^♪ Eat it Eat it会食、宴会、送別会、やめられないとまらない。https://www.youtube.com/watch?v=sI HIkGxraNs 〇送別の前祝民 : 官僚だってね。官 : おお、厚労省よ。民 : 呑みねぇ呑みね ぇ酒呑みねぇ。民 : 国会議員だってね。官 : 自民党議員だ。民 : 食いねぇ食 いねぇ飯食いねぇ。さあ遠慮はいらねぇ。    下げねぇ下げねぇ支持率下げねぇ。 〇良い夢を、おやすみなさい夏川りみ 涙そうそう nada sousou - YouTube (O・O)
T久さん復活、嬉しい 4月4日(日)

曇り時々晴ところにより小雨、陽が差すと急に暑く なる奇妙なお天気でした。参加8名でやや少なめ、本日は新宿などあちこちで集会があっ たので人が分散してしまったのです。T久さんが日曜当番に復活、やったー!      (はしゆき) こちらは先週の3月28日の分です ケロップ(@keroppu8649)さんがツ イートしました: 経産省前テントひろば(365座り込み)今日は月に一度の青空川柳句会。あいにく曇り空で はありますが。夕方以降は花見もやります。雨になったら花より団子で鍋でもしましょう か。 https://t.co/FUqMmF3OmChttps://twitter.com/keroppu8649/status/137603582305379942 5?s=20 予想外の天候に苦しめられたが  4月5日(月) 今日は予想外の天候に苦しめられた。 10時過ぎに地下鉄・六本木駅を上がってきたら本降りの雨が降っていた。午前中には止 むとの天気予報であったがそのまま降り続け止んだのは3時半頃であった。       気温も16度から14度まで下がり4〜5辰良だったが体感温度は10度位なので20 度に慣れてしまった体には堪えた。手指がかじかんでどうしようもなくなったので温かい 飲み物を買ってきて凌いだ。       この雨模様で農林水産省の方から昼飯を食うために出てくる人はいなかった。経産省の人 も出入りしたのは極僅かといった所であった。座り込み者も少なく、担当者以外では吉良 よし子のファンの二人とレジェンドS、それに月一回、相棒のSさんに会いに来る元大学 教授であった。(保) 
もう経産省前の桜は終わったけれど 4月6日(火)

事務所に11時に着いてテントひろば ニュース215号を1000枚裏表に印刷し、一瀬事務所とむさん事務所に届けて経産省前に正 午15分前に到着。12時にはセットが終わり、常連4名で座り込む。 この日は曇りで風はいくぶん冷たかったが、太陽が差すときは暖かい。すでに経産省の桜 はほぼ散ってしまった。2時過ぎには椅子が足りなくなった。来週火曜の夜には6時半から 、延期された「韓国サンケン労組」の集会が文京区民センタの大会議室で開催される。み んなで参加しよう。EO トリチウム汚染水を海に流すことは許されない 4月7日(水)セッティングが終わって少し したら、佐藤保さんを訪ねて男性が来られた。昔からの知り合いだそうだ。がんで胃をと ってしまって無理はできないが「座り込み」に参加しようと思って来たと言われる。今日 は佐藤さんは遅番なので、佐藤さんが来るまでずっとおられた。保っちゃんのパンも食さ れた。「美味しい」と。いろいろな人と話し、久しぶりに思いっきり話せたと言われた。 今日は、たくさんの人がテント寄られた。終わってみれば16人。当番6人、新しいAさん、 規制庁抗議からの人、きらきら星、9条改憲阻止の人、あらかぶ裁判参加の人、美智子さ んなど。通りがかりの人のカンパも2件。福島県で農業をやっていて農水省に用事がある という人も立ち寄られた。その人は「自分も3.11後、反対運動に参加した。10年たって、 原発事故は何も解決されず、これからどれくらいかかるのかわからない。テントも知って いる。ここで座り込みが続けられていることはうれしい。みんな東京の人なんでしょ。」 などと言われた。私は「東京に出てこられた時は立ち寄って下さい」と言う。 倉田さんはいつものように経産省抗議の演説。KさんとTさんは端っこで『人新世の資本論 』の本を開いて読書会。みんなはそれぞれのスタンスでわいわいと政治批判や世間話。今 日は菅が全魚連を呼んで、トリチウム汚染水を海に流すことを事前通告するらしい。許さ ない。(T・I) 原子力ロビーによる放射線被曝の押付けを拒否しよう! その32ICRPにもIAEA にもUNSCEARにも騙されてはいけない〜西尾正道「被曝インフォデミック」と梶山 ーグロッシ会談〜
2021年4月4日  木村雅英  本年3月11日発行の西尾正道著「被曝インフォデミック」(寿郎社)が面白い。イン フォデミックとはWHOの造語で「偽情報の拡散」。同書がICRP(国際放射線防護委 員会)を痛烈に批判しているのでその一部を紹介する。<〇1946年設立のNCRP( 米国放射線防護審議会)の陣容で1950年に設立されたICRPは、1952年には内 部放射線被曝に関する第2委員会の審議を打ち切り、最も深刻な内部被曝を隠蔽する歴史 を始めた。〇モーガン談:ICRPは、原子力産業界の支配から自由ではない。原発事業 を保持することを重要な目的としている。〇ICRPは国際的原子力推進勢力から膨大な 資金援助を受けているが、実際は単なる民間のNPO団体〇ICRPは、研究機関でなく 、調査機関でもなく、国際的な「原子力ムラ」の一部で、目的は原子力政策の推進。〇I CROのエセ科学のいくつか・放射性物質が微粒子としても存在することを軽視・シーベ ルト(Sv)という実効線量の単位では人体への影響を正確に評価できない・外部被曝と は、まきストーブにあたって暖をとること、内部被曝はその燃え盛る”まき”を小さく粉 砕して飲み込むこと・……> 同書には、内部被曝の恐ろしさとトリチウムの健康被害に ついても詳しく書いてある。本シリーズでも今まで述べて来たように、私たちはICRP に騙されないで放射線被曝を論じないといけない。  一方、原子力の平和利用の促進の為の組織IAEA(国際原子力機関)に対してもいつ も警戒しないといけない。 例えば、本年3月23日にはIAEAグロッシ事務局長と梶 山経産相とがオンライン会議を開き、東電福島第一原発のトリチウム等放射能汚染水の「 海洋放出」という名の海洋投棄を両者で進めた。「処理済み汚染水、IAEAが処分方法の安 全性評価へ」(朝日新聞3月23日、https://www.msn.com/ja-jp/news/money/処理済み 汚染水-iaeaが処分方法の安全性評価へ/ar-BB1eSgqH)<東京電力福島第一原発にたまる 処理済み汚染水について、梶山弘志経済産業相は23日、国際原子力機関(IAEA)のグロッ シ事務局長とテレビ会談をした。政府が処分方法の基本方針を決めた時に、IAEAが科学的 に評価し、安全性を国際社会に発信するよう協力を要請した。グロッシ氏は「全面的に協 力する」とした。> 私たちは、原子力の維持・推進を図るこれらの国際機関に騙されず に「海洋放出」を止めねばならない。 4月9日(金) 経産省前抗議集会(毎週)17時〜18時 経産省前テントひろば お知らせ:渕上太郎遺稿集 完成間近(4月9日予定)経産省前テントひろばでも販売します。予約受付中書名:「脱 原発 経産省前テント ここに在り!」発売元:情況出版 価格:1500円 【書籍紹介】西尾正道著「被曝インフォデミック〜トリチウム、内部被曝―ICRPによ るエセ科学の拡散」3.11後10年目に発売された同書は、昨年12月22日に開催し た院内ヒアリング集会<放射能汚染水「海洋放出」の実害〜トリチウムは危険〜>でお話 しいただいた西尾正道さんの最新刊。本体1100円+税のところを千円でお譲りします。 「書籍紹介」『リニア中央新幹線をめぐって』(山本義隆)原発事故とコロナ・パンデ ミックから見直す なぜこの国では、不合理な巨大プロジエクトが暴走してしまうのか( ?)その根本を掘り下げ、福島原発事故後/コロナ禍以降の社会のあるべき形を見据えた 直球の提言(表紙帯から)。(1800円+税 みすず書房)是非、お読みください。お勧 めです(M)

Created by staff01. Last modified on 2021-04-08 14:21:37 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について