本文の先頭へ
LNJ Logo 経産省前脱原発テント日誌(11/12)/街路樹の紅葉がはじまっている
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1605318521435st...
Status: published
View


テント日誌11月12日(木)経産省前テントひろば1807日後
韓国サンケン電気労組支援行動をやって座りこみに 11月6日(金)


 韓国サンケン電気 労組支援の行動のため志木駅前の街宣に参加したので座り込みには1時間半ほど遅刻した 。埼玉県新座市に本社があるサンケン電気の100%子会社の韓国サンケン電気の会社に労 働組合があると言うだけで計画的に偽装赤字にして会社ごと解散・清算してしまうという 悪辣なことが企てられていて、韓国の労働者とそれに連帯した日本の労働者市民が行動に 立ち上がったのだ。コロナ禍で韓国から日本に来られない状況を利用し、今がチャンスと ばかりに攻撃を仕掛けてきた。月曜日座り込み当番のSaさんの呼びかけに応えて参加した 。テントからは私の他、OさんYさんSaさんTaちゃんSiさんMaさん大勢参加した。 サンケ ン電気は1973年、韓国の馬山自由貿易地域に100%出資して韓国サンケンの会社を作り、 電気部品の生産工場として生産を開始した。ほとんどただ同然の工場の土地代や法人税で の優遇措置により大きな利益を得て、会社は大きく成長してきている。現在業界第8位を 誇るグローバル企業だそうだ。サンケン電気労組が30年ほど前から御用組合の韓国労組か ら民主労総にナショナルセンターを自ら変えた途端、組合攻撃が始まったそうだ。労働組 合員の指名解雇や、インドネシアに工場移転をにおわせて解雇攻撃をしたりした。つい3 〜4年ほど前も会社から一方的な整理解雇を突き付けられ、サンケン労組組合員は日本へ の遠征闘争をし、毎朝の本社前抗議行動を8か月も続けて闘い、解雇撤回現場復帰を勝ち 取り勝利を勝ち取ったばかりだ。争議を解決した時、労使で交わした文書には「今後雇用 関係で重大な変化が生じた場合は労組と話し合って対応する」という項目もあったそうだ が、今回会社側からの話し合いなど全くなく、あったのはインターネットで取締役会の決 定として会社の解散・清算が知らされたとの事だったそうだ。このことは韓国サンケンの 社長も知らされていなく突然のことだったそうだ。日韓の国家間での緊張関係はあるが、 労働者の連帯はこの間より高まってきている。今後とも闘いを続けていく。街宣が終わ り、急いで電車に飛び乗り、経産省前に向かった。到着すると今日は早々にカンパを頂い たとの報告があった。見るとカンパ箱に1000円札や5000円札が入っていた。この時期あま り、カンパを頂いていないので感激した。経産省前を通り過ぎる人々の服装も厚手の服が 多くなってきている。敷地内の欅の木やプラタナスも葉を落とし冬に向かう準備をしてい るようだ。今日は曇っているが割と暖かく座り込みをする上では過ごしやすいが、これか らは厳しい季節になっていくので、身体に気を付けながら頑張っていこう。(S・S)
稼動原発は玄海一基のみ、原発無くても電気は十分! 11月6日(金)

曇天の中、座込 みに参加している一瀬弁護士と雑談、目黒から高級スポーツ自転車で来ている人とチャリ 談議。ギアチェンジが電動とは知らなかった。 関電「老朽原発うごかすな」チラシと原 電「東海第二を止めよう」チラシのセットを配布。応援もあり、経産省から出てくる職員 も持ち帰り比較的受取りが良い。 文科省前抗議行動に参加、朝鮮学校の大学生の声を聞 く。過去の植民地支配の歴史に向きあわない今の日本が情けない。 経産省前に戻って5 時から抗議行動を開始。11月3日に大飯が止まって、今玄海4号機しか稼働していない 。原発依存度ゼロが可能だ。このままゼロに持っていければよい。だが、電力会社は必至 で再稼働を目論んでおり、11月26日には九電川内1号機が特重工事を一カ月も早めて 再稼働を予定、更に12月26日には川内2号機が。また、関電が40年超えの老朽原発 を美浜・高浜の「例外中の例外」運転期間延長を計画。第6次「エネルギー基本計画」検 討も開始され、今が脱原発実現の正念場。集会では、強く「原発推進止めろ」「再稼働反 対」「老朽原発動かすな」と経産省に大声で訴えた。 日本学術会議任命問題では、菅政 権に見識無し、露骨な学会への弾圧を見過ごせない、日の丸君が代強制から教育への弾圧 が始まっていた、などの意見。米大統領選やGOTOキャンペーン批判、今こそ弱者救済 を、東海第二を絶対止めよう、などなどのアピールも加わり、「座込めここへ」と「真実 は沈まない」を皆で歌った。多数の応援を得て椅子や旗や横断幕を片付けて驚いた。カ ンパ金が何と数万円も!テント運営会議で全員が感謝の声を上げ、会議も盛り上がった 。 会議後はラーメン屋さんで楽しく一杯。(K.M)
政府のお歴々の発言よりまだカラスの声の方が 11月7日(土)

カラスの知能はチンパン ジーに匹敵するという研究結果があるそうだ。毎週会うカラスは最近カラカラという鳴き 声に合わせて体をリズミカルに上下する。どんな意味があるのかネットで検索したけれど 分からなかった。それでも日本語らしき言語を発する政府のお歴々の発言よりなんとなく わかる気もする。何しろ癒される。カラスを研究してもお金にはならないのだろうに真摯 に研究する学者さんたちに感謝したい。 〇へそで茶を沸かせれば消費電力も少なく環境に良いね。 「既得権益」、「焼け太り」 、「前例の踏襲」とこの国の原子力政策に対する反省と思いきや日本学術会議へのバッシ ングだった。鏡に映った自分の姿を他者への攻撃に使えばネタ切れの心配はなさそうだ。 ああ、うんざり! (O・O)
官邸前の座り込みに挨拶に出掛けた 11月8日(日)晴〜曇り 

いい風が吹いています。 参加者合計11名。おやつを食べて歓談。F原さんが車で荷物を運んでくれるようになった ので楽ができるようになりました。 ケロップ(@keroppu8649)さんがツイートしました: 経産省前テントひろば(365日座り込み)上(官邸前)の座り込みに挨拶に行っていた4人が戻 ってきたので撮影しました。現在8名、総計10名、雀40羽以上、鳩2羽。わたしも上に行っ て挨拶してこようっと。https://t.co/9OoP4ov2xChttps://twitter.com/keroppu8649/sta tus/1325309785055531008?s=20 ケロップ(@keroppu8649)さんがツイートしました: 官邸前座り込みにご挨拶に行きました。屋根付きのすてきな椅子がありました。日差しの 強い時に良さそうですね。少額ですがカンパしましたら、「カンパといえばスクラッチく じをもらったのだけれどこれはどうすればいいものなのかな、」と悩んでいました。 https://t.co/M0rkKKiax6https://twitter.com/keroppu8649/status/132533246179075276 8?s=20
街路樹の紅葉がはじまっている 11月8日(日) 

霞が関一帯の街路樹は紅葉がはじまっ ている。テレビに映し出される地方の山々の紅葉に感嘆しながら、コロナ禍ではなかなか ででかけられないねと連れ合いとうなずきあっているのだけれど、どうしてどうして霞が 関一帯の紅葉も見どころがあると思う。霞が関一帯は街路樹が整っているが、各省庁の構 内には結講樹木もあり、緑が豊かだ。役人たちは樹木をいつも丸裸にして無残な光景にし て平気だが…。少し、行けば日比谷公園もあり、国会は銀杏に取り囲まれている。そうい えば、銀杏が異臭を放つ季節だ。大分前だが、国会前で座り込みをやっていたとき、拾っ てきた銀杏でパァーテイをやったことがある。銀杏をあぶり、ビールで乾杯した。懐かし いひと刻だ。この霞が関一帯で紅葉がはじまっている。紅葉をめでに山に出掛けるのもい いが、ここ経産省前に座り込みを兼ねてやってくるのもいいと思う。推奨ものである。コ ロナ感染の波はこれから寒くなるつれ拡大して行くだろうから警戒が必要だが、それでも 少しは足を延ばすことも大事だ。僕は読者のみなさんにお勧めしたい。先週は国会を取り 囲んでの「イットクフエイス」があったし、11月3日には久しぶりの大掛かりな集会もあ った。その国会だが安倍から政権を受け継いだ菅首相のもと開かれている。例の「日本学 術会議」会員の任命問題の審議が続いている。これについては多くのところで見解が披瀝 されているし、僕がここであらためていう事もない、と思う。菅の行為は法違反であり、 憲法違反であり、学問の自由の侵犯である。単純で明白なことがなぜこんなに下ない議論 でひきまわされるのか、このことを考える。アホらしくてテレビの国会中継など見てはお れないし、すぐにチャンネルを切り替えたくなる。中継を見続けるには我慢がいる。そん なことを政府筋は考えてもいないのだろうが、日本の政治ということを僕らはここで考え てみるべきではないか、と思う。今も続いているが毎月3の日に「アベ政治を許さない」 というポスターを一斉に掲げる行動がある。国会正門前でも行われているが、安倍政治に 人々はうんざりしてきた。これは何故か、ということを時々、考えたのだが、この一つは 、彼がまともに議論をしなかったことがある。できなかった、と言うべきか。国会は議論 の場であるといわれるが、それは「近代政治」が「慣習による統治」から「議論による統 治」に変わったことを示すことでもある。最低限のことと言っていいが、「議論による統 治」ということが議会を重視させてきた由縁でもある。これについては色々の考えはある だろうが、議論によって政治を進めることは最低限の基準だった。民主主義というのはそ ういうことだった、と言ってもいい。安倍は議論を議論として成立させない、そういう能 力を欠く政治家だった。質問をはぐらかす、別の答えを出す、平気で欺瞞的なことをいう 。故意に、無意識に、議論を壊す、議論を成立させない、というところに安倍の政治の実 態があったのではないか。政治的モラルとか倫理をかくということよりも、近代政治家と しての最低条件をすら欠いたところに安倍はあったにちがいないが、自民党をまたこの色 に染めてしまったのではないか。いつも強行採決が用意されていて、議論などはみせかけ のものだという政治、それが安倍政治だった。それならば菅はどうだというのだろうか。 この辺を見て行きたい。(三上治) 季節は確実に変化している、そう実感した 11月9日(月)    

今夜からかなり気温 が下がってくるという天気予報なのでジャンパーを秋物から冬物に代えて家を出た。午前 中は晴れていたので日差しが暑いほどであった。が昼過ぎになって雲に太陽が隠れると急 に北風が冷たく感じられて冬物のジャンパーを着てきて正解であった。      座り 込み準備を終えて相棒のSさんのアピールのあと、何時ものように反原発CDとOさんが 持参してきた・かんからソング・というCDを時間まで交互に掛け続けて道行く人々にア ピールした。しかし人通りは寒くなってきた為か心なしか少ないように感じた。季節は確 実に変化しているのを感じた。きょう4時を過ぎたら空は晴れているのに辺りは薄暗くな ってきていた。 静岡でのひまわり集会を主催の方が寄られた 11月10日(火)夕方、桜を観る会のIさん がトラメガを持ちに来られた。5時前にも顔馴染みのAさんが来られた。時間がきて撤退 準備が完了したあと、今日の座り込み担当のKさんの3人で官邸前に上っていかれた。( 保) 今日も、爽快な秋晴れであったが気温は低く風が吹いて来ると肌寒い一日であった。14時 過ぎに、来週の15日(日)に、静岡市の駿府城公園で「浜岡原発の再稼働を許さない!11 ・15ひまわり集会in静岡」の実行委員である石塚さん(9・11経産省前テントひろば10年 目大集会に来てくれました)とテント美術館の館長、早川さんのお二人が埼玉県は毛呂山 町より強制撤去されたテント一式を車に載せて経産省前に到着、ここで事務所に保管して いた懐かしいテントのバナーやテント美術品、テントリーフ、テントニュース等を手渡し ました。返却は16日(月)との事ですので当番の人は、受け取りをよろしくお願いいたし ます。また石塚さんは、浜松市の美味しいお菓子を差し入れて下さり皆でご馳走になりま した。なお集会当日のメインゲストは、経産省前テントひろばに何度も来て下さった、講 談師の神田香織さんとのことです。本日は4人の方からカンパを頂きました(感謝)(Y ・R)
再稼働の動きが激しさを増している 頑張ろう 11月11日(水)

天気は良いが風が強い。 でもバナーはつける。今日は新しい展開が二つ。一つは、倉田さんが再登場したこと。倉 田さんは9月4日〜11月4日まで、横浜のカジノ反対の住民投票請求のための署名集めに専 念していた。11月4日にそれを提出したので、本日から、規制委員会への抗議行動と経産 省前抗議行動(坐りこみ)を再開した。倉田さんは、経産省前で演説。経産省を糾弾。トリ チウム汚染水を流すのは許せないこと。佐川、黒川、前田など官僚は許せないこと。いっ たい今前田は何をしているのか!と言っていた。政府・権力に対して私たちがプロテスト するのは当然だ、と言って、グレタさんの住むスエーデンの学校の教科書の話をした。ス エーデンでは、小学校4年生の教科書に、「小学生のあなたも、社会に向かって自分の意 見をフェイスブックや新聞の投書、署名などで公けにできる、デモをすることもできる( その写真つき)」と書いてあると紹介した。(『スエーデンの小学校社会科の教科書を読む 』新評論社出版) 民意はそうやって形成されると言われた。倉田さんは演説を2回した。 その教科書をみせてもらった保ちゃんの感想。「初めに・社会とは?から始まるように・ 考える教育・で一貫している。社会的関心も高くなり選挙には8割の若者が投票に行くと 答える結果になっている。日本の・暗記してテストで高得点を取ることが目標・とは真逆 である」と。もう一つは、ヨーカンさんが新しいバナーをつくってきてくれた。白地に墨 で「放射能汚染水を海に流すな!!」目立つ。経産省の真ん前に掲げた。これは、写真にと った。「テントニュース」に載せることはすでに決めている。この間、原発再稼働の動き が激しい。今日は女川原発再稼働を宮城県知事が認めた。気を引き締めて、私たちも頑張 っていきたい。(T・I)
原発推進動きが目立つ、あきれる発言ばかりだ 11月12日(木)

天気予報では晴れだった のにずっと曇っていて寒かった。まだカイロが必要なほどではないけれど、コートのフー ドをかぶって寒さをしのいでいた。Yさんがヨーカンさんの作ってくれた「放射能汚染水 を海に流すな!」のバナーを工夫して目立つように植え込みに取り付けた。2時頃、裁判 所に来たというNさんが現れるまで当番三人で健康維持にはニンニクが良いとか、最近の 原発情勢などを話しながら座っていた。経団連の会長が原発の新設が必要と言い、宮城県 知事は女川原発再稼働の地元合意表明するし、自民党の議員の多くが原発推進などと聞い てあきれました。みんな福島原発事故を忘れたのでしょうか?いつも金曜日の抗議行動で 言っているように原発は安くも安全でもクリーンでもないことちゃんと学んで欲しいと思 います。しばらくして英語教師のIさんが来てくれ、後半当番のSさんも来たので私とヨー カンさんは帰路につく(I.K) 経産省・エネ庁は「今だけ、金だけ、自分だけ」の大嘘つき! その154

「容量市場」 で再エネをつぶすな、原発を延命するな!〜国民が知らぬ間に大規模設備を持った大手電 力会社を儲けさせる愚策を中止せよ〜2020年11月10日 木村雅英(経産省前テン トひろば) 経産省が電力「容量市場」を推進しており、その入札で確定した約定価格( 市場で売買が成立した価格)が政府が決めた上限価格になり、多くの問題点が明らかにな った。この「容量市場」は、再生エネルギーつぶしのみならず、(老朽)原子力発電残し のとんでもない施策だ。何としても止めねばならない。 以下に「容量市場」の問題点を 紹介する。 ○「容量市場」とは(朝日新聞掲載「キーワード」の解説から抜粋)https://kotobank.j p/word/「容量市場」-2235970<…。4年後に全国で必要な設備能力(容量)を、国の組 織・電力広域的運営推進機関が決めて入札する。応札する様々な発電会社が発電所ごとに 必要な費用を提示し、全体の落札価格と費用が決まる。国の組織はそのお金を発電会社へ 分配し、発電所の維持・建設費に充てる。必要なお金の原資は小売会社が利用者の電気料 金から集める。電力取引を…設備能力(kW)で値づけする。…。国民負担が増えるとと もに、老朽石炭火力や再稼働した原発も一定の収入を得られ、「延命」につながる恐れが ある。> ○容量市場1兆5987億円の衝撃、電気料金値上げ不可避か 2024年度分は上限価格の1万41 37円/kW(日経エネルギーNEXT、中西清隆=フリージャーナリスト、9月23日)https: //project.nikkeibp.co.jp/energy/atcl/19/feature/00001/00033/<7月に入札を実施し た初めての容量市場の約定結果が公表された。1万4137円/kWという世界に例を見ない高値 での約定。予想を超える負担を背負うことになった小売電気事業者は戸惑いを隠せない。 いったい何が起きたのか。卸電力価格や電気料金はどうなるのか。今回の結果が電気事業 にもたらす影響は甚大だ。> ○新電力34社、容量市場について経産大臣に要望書(環境ビジネスオンライン、10月27日 ) https://www.kankyo-business.jp/news/026410.php<自然電力、みんな電力、Looop ら電力会社34社は連名で、10月20日、梶山弘志経済産業大臣に対し「2020年度メインオー クション結果に関する検討要請及び容量価値に関わる制度検討に関わる要望」を提出した 。>  「容量市場」の問題点がどんどん明らかになってきた。そのことを明日香壽川さん(東 北大学東北アジア研究センター/環境科学研究科教授)が厳しく批判している。 ○「容量市場は、再エネ潰しの最終秘密兵器だ:大手電力には棚ぼた利益、ツケは国民の 電力料金に転嫁」 (論座、明日香壽川(東北大学東北アジア研究センター/環境科学研 究科教授)  https://webronza.asahi.com/science/articles/2020100200001.html< 1基で毎年60億円の棚ぼた利益 容量市場によって、すでに投資回収している原発や石炭 ・石油火力発電などに、発電能力を維持するためだけに、経過措置などを考慮しても1基 (100万kW想定)あたり毎年約60億円が実質的な補助金として供与される。まさに棚ぼた 利益であり、その原資は、消費者が払う電気代の値上げ分である。∧篏金支払いのため に電気代上昇G篥邸幣売り)業者間の不公平と鷙舁的な電力需要想定セ駛楴腟舛離 ール違反で、パリ協定とも矛盾国民の誰も知らない>  電力もエネルギーも再生エネ ルギーと蓄電技術で可能な限り地産地消が望ましい。にも拘らず、経産省はまたまた全く 説明がつかない施策で余計な口出しをして、原子力発電所や火力発電所の維持を図り、電 力自由化に反して大手電力会社(発電会社+小売会社)を支援しているのだ。ましてや、 稼働することがより危険な老朽原発の維持まで勧めているのだ。 何としても亡国の省・ 経産省と資源エネルギー庁にこの愚かな「電力市場」施策を止めさせないといけない。  なお、e-シフトの次の報道も分かり易い。ご覧いただきたい。○老朽化した原発や石炭火 力を温存する「容量市場」の見直しを―eシフト事務局吉田明子さん(「サステナブル・ ブランド ジャパン」、020.11.04)  https://www.sustainablebrands.jp/article/story/detail /1199000_1534.html以上 11月15日(日)脱原発青空川柳句会 日時:11月15日(日) 12時より 選者:乱鬼龍場 所;経産省前テントひろば 【 JKS47 月例祈祷会 】 24日(火)に開催日時:2020年11月24日(火)午後3時より会場:経産省前テ ントひろば 1月20日(金)経産省前抗議集会(毎週金曜日)時間:17時〜18時 経産省前テン トひろば 原発いらない福島の女たちのカレンダー2021年版1部1000円+送料(10部以上 は一部800円、送料無料)090−9424―7478(黒田) 070−5559− 2512(青山)

Created by staff01. Last modified on 2020-11-14 10:48:42 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について