本文の先頭へ
LNJ Logo ご案内:9.11脱原発テントひろば9年目行動
Home 検索
 


投稿者: 木村雅英

9.11脱原発テントひろば9年目行動
〜原子力緊急事態宣言下だ! 原発を終わらせよう!〜

行動1 院内講演会
タイトル案:福島は終っていない、原発はクリーンではない
日時:2019年9月11日(水)14時30分〜17時00分
場所:国会議員会館講堂
講演:小出裕章さん

行動2 経産省前抗議行動
タイトル案:福島は終っていない、原発はクリーンではない
日時:2019年9月11日(水)18時00分〜21時00分(小雨決行)
	(音楽演奏:18時〜18時半、20時半〜21時)
場所:霞が関・経産省本館正門前
主催:経産省前テントひろば


行動1 院内講演会
タイトル案:福島は終っていない、原発はクリーンではない 
日時:2019年9月11日(水)15時〜17時
場所:国会議員会館講堂または大会議室
プログラム:
	14時30分〜15時00分	テントビデオ映写
	15時00分〜16時45分	小出裕章さん講演
	16時45分〜17時00分	経産省前テントひろばより
	経産省前テントひろばの活動報告
案内文:
どんなに辛い事実も見ないよりは視た方が良い
 福島第一原発事故のデブリの取り出しは100年経ってもできない。もちろん福島県外
への持ち出しなどできない。その上、取り出して容器に封入したとしても、それを今度は
10万年から100万年に亘って管理しなければならない。
 周辺環境は「放射線管理区域」の基準を超えて汚染されている。風評で汚れているので
はなく、事実として汚れている。そして、100年経っても法令の基準を超えて汚れ続け
る。
 放射能は五感で感じられない。「復興」のためとして、それに目を瞑ってしまう人たち
がいる。しかし、放射線に敏感な子どもたちを汚染地に住まわせてはならない。苦しくて
も、しっかりと事実を視、その上で、生きる道を築いた方がいい。
 経産省・安倍政権の原子力推進政策は直ちに終わらせるべきだ。


行動2 経産省前抗議行動 
案内文
 経産省前テントひろばは、2011年の9月11日に脱原発テントを経産省敷地の一画
に設置して「主権者宿営権」を主張し、「撤去すべきは原発」と訴えてきた。2016年
8月21日の脱原発テント強制撤去後、経産省正門に連日座り込んで東電福島原発事故の
責任を追及し脱原発を訴え続けている。
 事故後9年目を迎え、爆発した原子炉3基からはなお放射性物質、汚染水が漏れ続け、
被災者の多くが故郷に戻れない中で、がん・白血病・心筋梗塞他の疾病が増加する中で、
被災者への支援が打ち切られてきている。「福島は終っていない!」にも拘らず、来年に
は「原子力緊急事態宣言」下に東京オリンピックを開催しようとしている。
 他方、世界は再生エネルギーにシフトしているにも拘らず、経産省は未だに原発推進政
策を続け、今も9基の原発を稼働させて「核のゴミ」を増やし、稼働40年以上経過した
老朽原発をも動かそうとしている。
 経産省前テントひろばは、設置9年目を迎える9月11日夕方に経産省本館前で抗議集
会を開催する。今もイチエフ事故被害で苦しんでいる人、古くから原発に反対してきた人
、3.11後に原発反対運動に加わった人、自然エネルギーを推進する人、多くの原発ゼ
ロを目指す人々とともに、いまこそ「原発は終りだ!」と声を上げよう。

ゲスト発言予定
【司会】木内みどりさん(女優)
鎌田慧さん(ルポライター)小出裕章さん神田香織さん(講談師)村田弘さん(福島原発
かながわ訴訟原告団長)黒田節子さん、橋本あきさん、亀屋幸子さん他多数

問合せ:
〒105-0003港区西新橋1-21-8新虎ビル2F
070−6473−1947
http://tentohiroba.tumblr.com/
http://fukusimatotomoni.blog.fc2.com/
郵便振替口座=00160―3―267170
口座名義= 経済産業省前テントひろば

Created by staff01. Last modified on 2019-08-12 10:29:07 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について