本文の先頭へ
LNJ Logo 「辺野古新基地建設にNO!」〜繋がろう!沖縄と首都圏、全国の声
Home 検索
 


「辺野古新基地建設にNO!」〜繋がろう!沖縄と首都圏、全国の声

                   西中誠一郎

 前日(5/24)「辺野古の新基地建設にNO!」を訴え、1万5千人が国会議事堂を取り囲んだ熱気が残る首相官邸前に、25日昼、約150人が集まり抗議集会を開催し、安倍首相宛の「5.24首都圏アクション/国会包囲ヒューマンチェーン」決議文の提出を内閣府に対して行った。

「昨年の沖縄での数々の選挙や17日に3万5千人が集まった県民大会、そして昨日の国会包囲行動でも、新基地建設反対の民意は明らか。辺野古新基地建設は、危険の除去どころか新たな危険を産み出すことになる。辺野古に基地を作ることは不可能。国際法違反の米軍普天間基地の閉鎖•撤去が唯一の解決策だ」。決議文提出に先立って行われた抗議集会では、前日の国会包囲行動の報告と、辺野古新基地建設反対の決意などの発言が続いた。

 抗議集会に引き続き、応援コールが響く中、代表団が内閣府庁舎に入り決議文を内閣府の担当者に渡した。担当者も沖縄県民集会や国会包囲行動の報道は当然知っており、代表団の発言を神妙な面持ちで聞き取り、首相秘書官への提出を約束した。

 25日夕方には、17日の沖縄県民集会の報告を行うために上京した稲嶺名護市長と沖縄県議会の議員代表団が、外務省と内閣官房、防衛省を訪問したが、菅内閣官房長官は面会を拒否し、関係閣僚では中谷防衛大臣のみが面会した。内閣府と防衛省前には、稲嶺市長と議員団を応援する市民が集まり、沖縄と首都圏が連帯し、辺野古に新基地を作らせない、戦争関連法案やオスプレイ配備に反対するコールを繰り返した。

(動画配信予定)


Created by staff01. Last modified on 2015-05-26 15:23:41 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について