本文の先頭へ
LNJ Logo たんぽぽ舎がガン対策講演会を開催
Home 検索
 


たんぽぽ舎です。【TMM:No809】
                                            
ガンの発生の仕組みを知り、上手な対策を考える
 7月26日(日) ガン対策講演会へのおさそい
 白川太郎医師  海渡雄一弁護士 両氏が語る
 
1.    友人をガンでなくして. . . . . . .  柳田真 
 ここ1年で5人もの友人がガンになった。皆50代末、60代。そのうちの一
人望月彰さんは10ヶ月の闘病生活の末に残念にもなくなった。原発廃止〜い
のちがだいじの運動に熱心に取り組んでいる最中に。私がこの過程で人間の免
疫力の向上がどんなに大切か(肝要か)を学んだ。そしてガン発生の仕組み=
構造についても少し勉強した。
又、遺伝子治療法で大きな成果をあげる白川太郎医師とも知り合いになれた。木
暮さん・古川さんの紹介で。

2.50代〜60代にガン多発(60代の半分がガンに)
 日本は高齢化社会になっています。俗説の「高齢者はがんになりにくい」
はまちがいであり、ガンの発生が高まる」が真実であることも知りました。(そ
ういえば私、柳田真の父も食道ガンで70才で逝去した)
しかしながら、がんには死にいたるほど増殖するまでに長い潜伏期間がありま
す。今までのCT、MRI、X線では肉眼で発見でしか発見できず、たいてい死
と再発につながってしまいます。
遺伝子解析では、まだガンが微細な細胞レベルにある、潜伏期間と呼ばれてい
た5年〜20年の段階で早期発見、治療が行えるのです。

3.白川太郎医師が語る=ガンになりにくい体質、ガンになったら遺伝子療法
 白川太郎医師は原爆被爆地・長崎県で生まれ、原爆症患者のこと、原発周辺で
放射能(死の灰)によるガン患者発生率が高いことなどに注目と関心を持たれて
きました。遺伝子解析・がんの遺伝子治療の第一人者です。がん治療において、
独自の治療法を開発。治療率の高さ82%超、安全性の高さでその有効性を証明し
ています。
 放射線に被曝すると生命の情報源、遺伝子は必ず、殺傷されるか、がん化しま
す。 
 原爆と原発の廃止の重要性(どちらも放射線=放射能を出す)がここにありま
す。なぜ遺伝子治療が画期的延命、完治効果があるかというと、がん細胞とは
細胞の分裂、増殖をコントロールしている遺伝子が起こす突然の機能障害に生
じる、遺伝子情報の誤作動の病気だからです。

4.7月26日(日) 13:30〜17:00 会場たんぽぽ舎でのガン対策講演会にご
参加下さい。
 連絡先 7.26講演会実行委員会 たんぽぽ舎内 03−3238−9035 
 FAX 03-3238-0797 Eメール nonukes@tanpoposya.net
                            
                            柳田 真  090−6029−5511
                            木暮 貴子 国際部(遺伝子癌治療患者の会会長)
 
協賛 囲炉裏端会議
先着50名で〆切り。TEL、FAX、メールでお申し込み下さい。

追悼 故・望月彰さんに捧ぐ(‘09.3 ガンで逝去)

──────────────────────────────
   ホームページと電子メールアドレス変更のお知らせ
 ホームページアドレスは次のように変更となっております。
             http://www.tanpoposya.net/   
 メールアドレスは、次のように変更となっております。
          新アドレス:nonukes@tanpoposya.net  
今後ともよろしくお願い致します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 たんぽぽ舎では、急ぎの催し物・学習会、重要な情報や大きな
問題への見解などを敏速に多くの人たちへお知らせしたいと考え
ています。
 環境問題と原子力の問題(究極の目標は核の廃止)を追求する
たんぽぽ舎の最新の活動案内・情報・見解等をお送り致しますの
で、ごらんいただくと幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  たんぽぽ舎      たんぽぽ舎は、月曜〜土曜−
             13:00〜20:00のオープンです。
             日曜・休日は、お休みです。
   〒101-0061
   東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
    TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
    HP http://www.tanpoposya.net/

Created by staff01. Last modified on 2009-07-19 13:03:41 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について