本文の先頭へ
LNJ Logo 「女たちの戦争と平和資料館」に右翼が乱入
Home 検索
 


wam(女たちの戦争と平和資料館)のMLから
以下の情報を転送します。(一部削除)

――――――――――――――――――――――

簡単に(26日の)報告をしたいと思います。

「河野談話の白紙撤回を求める市民の会」と名乗る団体が主催して
wamの前で署名運動を行うという情報は、前日(金曜日)にwam支援者から電話や
メールで知らされました。その後すぐにwamが入っているAVACOや早稲田奉仕園、
敷地内にある団体とこの情報を共有し、対策を相談しました。基本的には私有地
なので、妨害行動をした時点で退出していただくということです。

14時には、西村修平を中心とする20数名が、昇り旗をたてて、早稲田大学文
学部前で署名活動を開始。15時20分頃には、早稲田奉仕園に入ってきました。
wamの関係者が待機しており、制止しようとしましたが、10人近くがいっせいに
こちらの写真を取り始め、制止を押し切ってwamの入っているビルに入ってきま
した。昇り旗や日の丸を掲げていた人には、奉仕園側から注意し下げさせました。

ちょうどその頃、wamには予約が入っていた20名以上の団体が見学しており、館
内は立て込んでいたので、予約を頂いていない団体のみなさまにはご遠慮いただ
きたいとお願いしました。すると「慰安婦」制度の事実を否定し被害者を冒涜す
るような発言を大声で浴びせるようになりました。なかなか退出のお願いを聞い
てくれなかったため、wamは110番通報をしました。警察が到着した後は、拡声器
でwamに罵声をあびせつつ、敷地内から退散していきました。

wam関係者もできるだけ集まり、キリスト教会館ビルのみなさん、奉仕園、AVACO
の関係者も、監視などの対応をしていただきました。メールを見てかけつけてく
れた会員の方もいましたし、来館者のみなさんも協力してくれました。みなさん
がwamを支えてくださっていると、とても心強く思いました。

wamでは2005年にオープンしてから、偵察らしき訪問は何度もありましたが、威嚇、
妨害するために多数で押し寄せたのは初めてでした。今までも注意は怠らないように
してきましたが、今日のようなことを想定して、さらに警戒態勢を強化していこうと
話しています。受付ボランティアを含め、さまざまな場面でご協力いただける方は、
ぜひご連絡ください。

今後もwamへのご支援・ご協力をどうぞ宜しくお願いします。

wam事務局

Created by staff01. Last modified on 2008-01-28 10:07:32 Copyright: Default

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について