本文の先頭へ
LNJ Logo 会場参加は前日16時までに予約 企画展「極秘機関『ヤマ機関』と登戸研究所」(11/24〜2023/5/27 会場〔川崎市〕& オンライン)最終日
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1667371890861ma...
Status: published
View


2023/05/27 会場参加は前日16時までに予約 企画展「極秘機関『ヤマ機関』と登戸研究所」(11/24〜2023/5/27 会場〔川崎市〕& オンライン)最終日

案内→https://www.meiji.ac.jp/noborito/info/2022/mkmht0000001sl9j.html
チラシ→https://www.meiji.ac.jp/noborito/info/2022/mkmht0000001sl9j-att/ex13s.pdf

 明治大学平和教育登戸研究所資料館 第13回企画展開催のご案内
 開催期間:2022年11月24日〜2023年5月27日
 場所:明治大学 平和教育登戸研究所資料館

 明治大学平和教育登戸研究所資料館は、第13回企画展「極秘機関『ヤマ機関』と登戸
研究所−日本陸軍の防諜とは ゾルゲ事件80年−」を2022年11月24日(木)〜
2023年5月27日(土)に開催いたします。
 入場料無料。

 今年は、戦前における最も著名なスパイ事件とされるゾルゲ事件が公表されて80年目に
あたります。
 スパイ取締り(防諜)は、登戸研究所が担う秘密戦の4大項目(防諜・諜報・謀略・宣
伝)の1つで、研究所では防諜のための、主に憲兵が使用する兵器・資材の研究・開発が
行われていました。
 今回の企画展では、まず、満州事変を契機に日本社会が国家主義に傾斜する中で、防諜
の前段階として「異端分子」を「非国民」として排除していく姿を国際法学者・横田喜三
郎への圧力の高まりを実物資料を通じて明らかにします。
 そして、防諜活動をになった特高警察や憲兵の台頭と政府・軍によって展開された防諜
キャンペーンについて押さえた上で、1937年に設置された極秘防諜機関「ヤマ機関」の実
態に迫ります。
 また、当時の日本における防諜は多分に「防共」(共産主義防止)の性格を持っていて、
ソ連に対する警戒感が高まるなか、ソ連や国際共産主義運動につながる人物への摘発が、
ゾルゲ事件となって現れる一方で、東条英機内閣以降、憲兵による反戦・反政府運動の組
織的な弾圧へと繋がっていく過程を明らかにします。

明治大学平和教育登戸研究所資料館 第13回企画展「極秘機関『ヤマ機関』と登戸研
究所−日本陸軍の防諜とは ゾルゲ事件80年−」

会 期:2022年11月24日(木)〜2023年5月27日(土)
休館日:日曜〜火曜、祝日、2022年12月25日〜2023年1月10日、1月14日
形 式:会場&オンライン
会 場:明治大学平和教育登戸研究所資料館
    〒214-8571 神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1 明治大学生田キャンパス内
    小田急線「生田駅」南口から徒歩10分
    地図→https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/ikuta/access.html
開館時間:水曜〜土曜 10:00〜16:00(祝日は閉館)
入館料:無料
主 催:明治大学平和教育登戸研究所資料館
後 援:川崎市、川崎市教育委員会
連絡先:平和教育登戸研究所資料館
    〒214-8571 神奈川県川崎市多摩区東三田1−1−1 明治大学生田キャンパス内
    電話/FAX 044−934−7993
     受付対応時間:火曜 13時半〜16時半、水曜〜土曜 9時半〜16時半
            ※祝日は除く
    Email noborito@mics.meiji.ac.jp

※オンラインでも開催しておりますので、次のリンクからもご覧いただけます。
※公開開始予定日:2022年11月24日(木)
 HP:https://www.meiji.ac.jp/noborito/event/specialexhibition.html
 企画展>2022年度 第13回企画展をクリックしてください。

※一般の来館者は事前の予約が必要です。
【予約方法】
1 上記連絡先へ希望日前日16時までにご連絡ください。
  FAX、Eメールは資料館からの返信を持って確定します。
2 1時間ごとに10名ずつ受け付けます。
3 予約時には次の項目をお知らせください。
(1)ご希望日とご希望見学時間(できれば第二希望まで)
(2)代表者氏名と緊急連絡先
(3)予約人数
(4)全員のフルネーム
(5)Eメールの場合はメールアドレス

【関連イベント】
講演会
内 容:ゾルゲ事件を通じて見えてくる近衛体制の弱体化と東条体制の強化
日 時:2022年12月3日(土)14時〜16時 ※開場13時半
形 式:会場&オンライン(Zoom)
会 場:明治大学生田キャンパス 中央校舎 6階 メディアホール
    〒214-8571 神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1
    小田急線「生田駅」南口から徒歩10分
    地図→https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/ikuta/access.html
講 師:山田朗(明治大学平和教育登戸研究所資料館館長、明治大学文学部教授)
定 員:会場 140名、オンライン 400名(いずれも申込先着順)
参加費:無料
参加方法:事前予約制。11月28日(月)までに希望する参加方法(会場参加かオンライン
     か)及び下記項目を添え、上記連絡先にお申し込みください。
・会場参加:〇臆担望者全員の氏名、∀⇒軅菘渡暖峭罎肇瓠璽襯▲疋譽垢鯡正
・オンライン参加:メールアドレスを明記
※事前予約者以外は会場内に入れませんので、必ず事前予約をしてください。

講演会
内 容:ゾルゲ事件とはどのような事件だったのか、最新の調査研究からゾルゲ事件を研
    究第一人者に分析していただきます。
日 時:2023年4〜5月に開催予定。決まり次第当館HPもしくはSNSでお知らせします。

企画展展示解説
内 容:館長・山田朗が参加者と展示を巡りながら企画展の見どころを解説します(所要
    時間約60分)
日 時:2022年12月17日(土)14時、2023年2月25日(土)13時、3月11日(土)13時
会 場:資料館内
定 員:10名(申込先着順)
申込方法:開催日2日前までに上記連絡先に、ヾ望参加日∋臆端堊完の氏名B緝充
     連絡先を添えてお申し込みください。

参照:https://maga9.jp/eventinfo/

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について