本文の先頭へ
LNJ Logo 連続講座「『天皇制は諸悪の根源である』!――国家・結婚・セクシュアリティ 」
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1663727811334st...
Status: published
View


2022/12/09 連続講座「『天皇制は諸悪の根源である』!――国家・結婚・セクシュアリティ 」

ハイブリッド(オンライン&会場)開催
「『天皇制は諸悪の根源である』!――国家・結婚・セクシュアリティ 」

<日程/各タイトル・内容>
第1回 2022年10月14日(金)19:00-21:00 天皇制ってなんだ? ――近代天皇制の成り立ち
第2回 2022年10月28日(金)19:00-21:00 天皇制は宗教です! ――国家神道と皇室の宗教
第3回 2022年11月11日(金)19:00-21:00 天皇の国・ニッポン? ――家族と国家、結婚と家族
第4回 2022年11月25日(金)19:00-21:00 皇室には戸籍がない! ――支配される民の名簿・戸
籍制度
第5回 2022年12月9日(金)19:00-21:00 女性天皇も女系天皇もいらない!――家制度を廃止せ


<講座概要>
皇室の話題はいつもなんだかヴェールに包まれていて“ほんとうの”姿が全然みえてきま
せん。なぜでしょうか。批判することすら忌避されることもあります。「天皇制は諸悪の
根源である」――1980年代終わりごろに学生生活を送ったわたしは、折あるごとにそんな
言葉に出会ってきました。たしかに、さまざまな差別の問題を掘り下げていくと天皇制の
問題にぶちあたることに気づかされました。
日常生活のなかで天皇制を意識することもほとんどない人たちが圧倒的多数かもしれませ
ん。つねに意識せざるをえない人びとがいるのも事実です。なぜ、そのようなギャップが
生み出されるのか。そもそも象徴天皇制とは何か。反天皇制の運動現場で学んできたこと
を織り交ぜながら、結婚や家族などをテーマにフェミニズムの視点からみなさんとご一緒
に考えてみたいと思います。

■講師プロフィール:堀江 有里(ほりえ ゆり)
日本基督教団牧師(京都教区巡回教師)、信仰とセクシュアリティを考えるキリスト者の
会(ECQA)代表、社会学研究者。
主著に『「レズビアン」という生き方――キリスト教の異性愛主義を問う』(新教出版社
、2006年)、『レズビアン・アイデンティティーズ』(洛北出版、2015年)。編著に『ク
ィア・スタディーズをひらく』全3巻(菊地夏野・堀江有里・飯野由里子編、2019年?、
晃洋書房)。

■講座要項
チケット代:1コースあたり通し券15000円
学生/2022ふぇみ・ゼミ寄付者 12000円

■開催方法
会場×オンラインのハイブリッド形式

◎申込み・詳細 https://b4fz2022.peatix.com/

■申込締切
・12月9日(金)18:00(第5回の講座開始1時間前)
・お申込み時点ですでに終了している回は「後から配信」でご覧ください。

★この講座は、ふぇみ・ゼミがベーシック講座の第3弾として企画しました。
ふぇみ・ゼミのベーシック講座とは?
ジェンダー、フェミニズムを学ぶ際に見落としがちな、人種、民族、階級などのマイノリ
ティ差別の問題。
一見ジェンダーとは関係ないと思われがちなこれらの問題は、実はインターセクショナル
なフェミニズムを学ぶための土台です。
ジェンダー、フェミニズムを学びたいみなさんに、いま旬なトピックをそれぞれ5回の講
座に渡って、講師の方からお話いただきます。
詳しくは、ホームページをご覧ください。

--------------------------------------------------
ふぇみ・ゼミ
お問合せ femizemi2017@gmail.com
ホームページ https://femizemi.org/

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について