本文の先頭へ
LNJ Logo ロシアとウクライナの歴史的な関係と対立を描くセルゲイ・ロズニツァ監督作品「ドンバス」公開(7/22〜 静岡)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1653116643970ma...
Status: published
View


2022/07/22 ロシアとウクライナの歴史的な関係と対立を描くセルゲイ・ロズニツァ監督作品「ドンバス」公開(7/22〜 静岡)

映画紹介:http://www.labornetjp.org/news/2022/0510ota
    (ドンバスはどんな状況にあったかを描いた映画を観る)
     http://www.labornetjp.org/news/2022/0528eiga
    (戦争はどこまでも人間性を貶める〜劇映画『ドンバス』)

ドンバス
劇場公開日:2022年5月21日

 ロシアとウクライナの歴史的な問題と地域対立描くセルゲイ・ロズニツァ監督作「ドン
バス」5月21日緊急公開

 旧ソ連の全体主義とロシアの独裁政治体制に反対する作品を数多く発表してきたセルゲ
イ・ロズニツァ監督が、2014年にウクライナ東部で起きた軍事衝突とロシアとウクライナ
をめぐる歴史的なしがらみや地域対立をテーマにし、2018年カンヌ国際映画祭「ある視点」
部門監督賞を受賞した劇映画「ドンバス」が、5月21日から公開される。

 2014年からウクライナ東部ドンバス地方で起きている、「分離派」(ロシアの支援を受
けているとされる勢力)とウクライナ軍との軍事衝突を背景に、ノヴォロシア(ロシアと
国境を接する、親ロシア派の住民が多いウクライナ東部の地域)の政治や社会を風刺を織
り交ぜながら描いた作品。

 ロシア軍によるウクライナ侵攻を受け、ロズニツァ監督はヨーロッパ映画アカデミーの
声明に失望し脱会を表明。
 また、包括的なロシア映画のボイコット運動に異論を唱えた事で、ウクライナ映画アカ
デミーからは除名処分を受けた。
 除名処分に対し、ロズニツァ監督は声明を発表している。
 「私は欧米の様々な国際報道機関やジャーナリストに、戦争の原因と本質を説明し、国
際社会にロシアの侵略に対抗するよう促したり、自らの映画『ドンバス』と『マイダン』
のチャリティー上映に参加し、その収益をウクライナ支援に充てたり、ウクライナから人
を避難させたり難民を助けることをしていました。戦争という悲劇において、人は常識を
失わないようにしなければならないと強く信じています。私は、プーチン政権の犯罪に反
対を表明している私の仲間、ロシアの映画製作者たちのボイコットには反対します」(一
部抜粋)

 「ドンバス」は5月21日からシアター・イメージフォーラムにて2週間限定上映、6月よ
り第七藝術劇場(大阪)ほか全国順次公開。
 また、ロズニツァ監督の最新作「Babi Yar. Context」(9月下旬予定)と「Mr.Landsbergis」
(11月下旬予定)の公開も決定している。
(映画.com速報 2022年3月23日 https://eiga.com/news/20220323/5/

解説(映画.com:https://eiga.com/movie/96859/
 「アウステルリッツ」「粛清裁判」「国葬」などのドキュメンタリーで知られ、発表す
る作品の多くが世界3大映画祭に出品されているウクライナのセルゲイ・ロズニツァ監督が、
2018年に手がけた劇映画。
 2014年からウクライナ東部ドンバス地方で起こっている「分離派」(ロシアの支援を受
けているとされる勢力)とウクライナ軍の軍事衝突を背景に、ノボロシア(ロシアと国境
を接する、親ロシア派の住民が多いウクライナ東部の地域)の政治や社会を、風刺を交え
ながら描いた作品。
 ロシアとウクライナをめぐる歴史的なしがらみや、無法地帯で横行するフェイクニュー
スや暴力、公権力による汚職などの様子を映し出す。
 2018年・第71回カンヌ国際映画祭ある視点部門で監督賞を受賞。

2018年製作/ドイツ・ウクライナ・フランス・オランダ・ルーマニア・ポーランド合作
原題:Donbass
配給:サニーフィルム
公式サイト:https://www.sunny-film.com/donbass
予告編:https://www.youtube.com/watch?v=TnyIqXOkEC0
監督:セルゲイ・ロズニツァ
脚本:セルゲイ・ロズニツァ

劇場情報:https://www.sunny-film.com/donbass
北海道 サツゲキ            6月3日(金)〜6/23 終映未定
    https://sugaidinos.cineticket.jp/sg/theater/satsugeki/schedule#20220609
北海道 ディノスシネマズ旭川      6月24日(金)〜
北海道 ディノスシネマズ苫小牧     7/1(金)〜
北海道 ディノスシネマズ室蘭      7/8(金)〜
宮 城 フォーラム仙台         6月3日(金)〜6/16 終了
東 京 シアター・イメージフォーラム  5月21日(土)〜6/17 終了
東 京 ヒューマントラストシネマ有楽町 6月3日(金)〜6/23 終映未定
    https://ttcg.jp/human_yurakucho/movie/0860300.html
東 京 キネカ大森           6月24日(金)〜
東 京 早稲田松竹           6月11日(土)〜6月17日(金)終了
神奈川 シネマ・ジャック&ベティ    6月25日(土)〜
千 葉 キネマ旬報シアター       6月4日(土)〜6月18日(金)終了
群 馬 シネマテークたかさき      7月15日(金)〜
新 潟 シネ・ウィンド         5/24(火)、5/31(火) 2日限定上映 終了
            アンコール上映 7月30日(土)〜8月5日(金)
石 川 シネモンド           6/11(土)〜6/17(金)終了
富 山 ほとり座            6月25日〜7月1日
福 井 福井メトロ劇場         7月9日(土)〜
長 野 相生座ロキシー         7月15日〜7/28
長 野 松本シネマセレクト       5月28日(土)終了
静 岡 シネマイーラ          7月22日(金)〜7/28
愛 知 名演小劇場           6月24日(金)〜
愛 知 伏見ミリオン座         6月3日(金)〜6月16日(木)終了
京 都 京都シネマ           6月10日(金)〜6月17日(木)終了
大 阪 第七藝術劇場          6月18日(土)〜7/1 終映未定
    http://www.nanagei.com/mv/mv_n1646.html
兵 庫 元町映画館           6月1日(水)〜6月17日(金)終了
岡 山 シネマ・クレール        6月3日(金)〜6/9 終了
広 島 横川シネマ           6月10日(金)〜6月23日(木)
広 島 シネマ尾道           6月25日(土)〜7月1日(金)
山 口 YCAM            7月6日(水)〜7月11日(月)
愛 媛 シネマルナティック       6月25日(土)〜7月1日(金)
福 岡 KBCシネマ1・2       6/21(火)ワンショット・シネマ
佐 賀 シアターシエマ         7月1日(金)〜7月3日(日)
                    7月13日(水)〜7月21日(木)
熊 本 Denkikan        6月24日(金)〜
大 分 シネマ5            6月4日(土)〜6/10 終了
沖 縄 桜坂劇場            6月18日(土)〜7/8
    ※<群衆3選>『国葬』、『粛清裁判』、『アウステルリッツ』も同時上映
    https://sakura-zaka.com/movie_info/81852

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について